シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

森田監督、『椿三十郎』リメークで「プレッシャーをモチベーションに」(1/2)

森田監督、『椿三十郎』リメークで「プレッシャーをモチベーションに」
キャスティング完ぺきです。

 長年にわたり、日本映画界をリードし続ける森田芳光監督の最新作映画『椿三十郎』。これまで日本人では誰も挑むことのなかった「黒澤明作品のリメーク」にチャレンジし、笑えて泣けるエンターテインメント作品に仕上げた森田監督に話を聞いた。

 「よくプレッシャーだったでしょって言われるけど、それもモチベーションに変えました」と笑顔で語る森田監督は、「オリジナルが素晴らしいんで、本能的に演出すれば絶対面白いものになると自分に言い聞かせ、とにかくみんなが自己ベストを出して頑張ろうと思いました」と偉大なる黒澤作品と向き合った心境を明かした。すでに完成された名作に、リメークというアプローチで現代的な息吹を送り込む。そこで最も重要だったのは「やっぱりキャスティングですよね」と森田監督は語る。

 主演は織田裕二以外に考えられなかったという。「すごいオーラを持っているし、オリジナル版の主演である三船さんとはまた違った現代のリーダーとしての顔をしている。映画に対する魂の込め方という点では、かつてコンビを組んでいた松田優作と共通している」と“織田三十郎”の魅力を語る森田監督。

 一方、松山ケンイチを筆頭に個性豊かな9人の若侍が物語を大いに盛り上げている点も見どころだ。松山を除く8人は、オーディションによって、ほとんど無名の若手俳優たちがキャスティングされた。

 「起用したポイントは、まず誠実さ。役者としての個性は、その誠実さあってこそだから」と語る森田監督は、さらに「悪いことしそうなやつは会った瞬間、直感で分かりますし。今回でいえば、撮影から公開まで丸1年以上の時間があるんで、その間に悪いことされたらたまらないですよ(笑)」とコメント。一瞬、冗談っぽく聞こえるが、そこにはキャスティングも含め映画全体を背負う“監督”としての強い責任感が感じられた。「2か月以上所作(しょさ)や武士の精神などを訓練しましたし、1人1人の個性が出るように演出しました」と語る口調は作品同様、とても弾んでいる。

 森田監督は、今回のリメークをきっかけに、黒澤作品を始め、過去の偉大な作品を観てもらえればうれしいと語っている。「映画監督というものが作品にどう関わっているかどうかという見方をすれば、“監督で映画を選ぶ”ことができるようになります。そんなファンが増えれば、いい映画と出会うチャンスもぐっと広がると思います」という言葉にはリメークの意義はもちろん、映画をより楽しみながら、愛してほしいという監督の気持ちがこめられていた。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ミッドナイト イーグル」アップ多用でスケール感が薄れ気味 from soramove (2007年12月8日 1時9分)
    「ミッドナイト イーグル」★★★ 大沢かたお、玉木宏 主演、竹内結子 、吉田栄作 出演 成島出 監督、2007年、131分 公開3週目に入った作品をやっと見た、 以下は内容に触れてますので、 未見の方はご注意下さい。 北アルプスに落下した 米軍のステルス... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 11月
  4. 30日
  5. 森田監督、『椿三十郎』リメークで「プレッシャーをモチベーションに」