シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

浅野忠信、「別に…」ならぬ「でしょうね…」のコメントでも好感度は満点!

浅野忠信、「別に…」ならぬ「でしょうね…」のコメントでも好感度は満点!
淡々とした浅野忠信のコメントに、会場も大爆笑

 5日、新宿バルト9にて、映画『モンゴル』の初日舞台あいさつが行われ、主演の浅野忠信が登壇した。{link text="この映画の画像はこちら" url="http://cinematoday.jp/movie/T0005930"}

 本年度のアカデミー賞で、外国語映画賞にノミネートされた本作。惜しくも受賞は逃したが、浅野への評価は高く、セルゲイ・ボドロフ監督も「続編を撮りたい。もちろん浅野主演でね」と言っているとか。しかし浅野は、そのコメントを伝えられると、喜ぶどころか「まぁ、そうでしょうね(笑)。テムジン(役名)が急に別の人になっちゃったら嫌ですよね」と淡々とコメント。

 さらに、「続編ということは、また全編モンゴル語ですよね?」と司会者から水を向けられても、「でしょうね(笑)。でも、もう大丈夫だと思いますよ」と、余裕たっぷりな表情で貫録を漂わせた。通常であれば、「……でしょうね」のそっけないコメントの連続に反感を買いかねないところだが、さすがは浅野、嫌みを感じさせるどころか、あまりにもひょうひょうとしすぎて爆笑を巻き起こしていた。

 『モンゴル』は、ドイツ、ロシア、カザフスタン、モンゴルの4国合作で、モンゴル帝国を築いたチンギス・ハーンの生涯を描いた超大作。

映画『モンゴル』は全国公開中
オフィシャルサイト <http://www.mongol-movie.jp/>

{link text="関連記事:浅野忠信、菊地凛子から花束受け取り感無量!" url="http://cinematoday.jp/page/N0013202"}
{link text="関連記事:アカデミー賞授賞式いよいよ!レッドカーペットに浅野忠信が登場!" url="http://cinematoday.jp/page/N0012988"}
{link text="関連記事:がんばれ日本!アカデミー賞授賞式へ向かう浅野忠信を成田でキャッチ!" url="http://cinematoday.jp/page/N0012950"}


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • モンゴル from 風我 (2008年4月21日 23時56分)
    “闘って、生きた。” アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート作品。 主演 浅野忠信で贈る、チンギス・ハーンの知られざる生涯。 12世紀 モンゴル―。部族間の争いが絶えぬ中、9歳のテムジンは一部族の頭領である父 イェスゲイと共に、敵対するメルキト部族から嫁を娶るべ.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 鉄の味 from fukaya-eigasai.com (2008年4月12日 12時11分)
    『モンゴル』を観た。 セルゲイ・ボドロフ監督。 硬派なんて言葉じゃまだヤワい鋼鉄の映画。 &nbsp; 無益な抗争を繰り返すモンゴル遊牧民諸部族を統一。 中国北部、中央アジア、イランなどを次々に征服。 世界の半分をモンゴル帝国に築き上げた国家創建の英雄チンギ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 4月
  4. 7日
  5. 浅野忠信、「別に…」ならぬ「でしょうね…」のコメントでも好感度は満点!