シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

古田新太、ブラックでシュールな初主演映画公開でシュールに挨拶

古田新太、ブラックでシュールな初主演映画公開でシュールに挨拶
怖すぎ。古田新太

 8日、渋谷シネ・アミューズで映画『小森生活向上クラブ』の初日舞台あいさつが行われ、主演の古田新太、共演の栗山千明、忍成修吾、監督の片嶋一貴、そして特別ゲストとして原作者の室積光が登壇した。

 「興行的に大丈夫なのか、それオンリーですね」としょっぱなから映画初主演の感想を自虐的に語り、笑いを誘った古田。あるとき妙な正義感に目覚め、社会のためにと勝手に悪人を処刑し始めるサラリーマンの小森課長にふんしたが、司会者から「古田さんにぴったり」と向けられると、「ぴったりって、おれをどんな風に思ってるんだよ。殺人鬼かよ!」と少しばかり納得のいかない表情。

 しかし片嶋監督も「キャスティングのポイントは、人を殺しそうじゃん(笑)ってこと」と本作ならではの褒め言葉が飛び出し、「あ、小森はこんな顔してるんだとか。自分のイメージがあってではなく、むしろイメージを提示していただいた。素晴らしいキャスト」と室積からもお墨付きをいただいた。

 すると個人的には共感する部分などないと言いつつ、古田も「こういうキャラクターは大好きです!」と役者としては十分に楽しめた様子。客席に向かって「ガンガン制裁していきますんで。(栗山や忍成たちと)束になって。そこが見どころ」と作品をアピール。最後に「面白い人には面白い作品に仕上がっています。ふざけんな! と思って帰っていただければ幸いです」とシュールに締めくくった。

 『小森生活向上クラブ』は、他人を不幸にする悪を振りまくクズは、成敗するのが世の中のためとの持論を掲げて、暴走していくサラリーマンを主人公にしたブラックコメディー。最初の制裁で快感を覚え、生き生きとし始めた小森に、やがて会社の部下たちも共鳴。KSC(小森正義クラブ)が発足する。

映画『小森生活向上クラブ』は渋谷シネ・アミューズほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 古田新太、ブラックでシュールな初主演映画公開でシュールに挨拶