シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松田龍平ら「蟹工船」初日、男だらけのキャストで話題はやっぱり…

松田龍平ら「蟹工船」初日、男だらけのキャストで話題はやっぱり…
映画オリジナルの“カニコウセンTシャツ”を着て登場した松田龍平(左)と西島秀俊

 映画『蟹工船』の初日舞台あいさつが4日、東京・渋谷のシネマライズで行われ、SABU監督、主演の松田龍平、西島秀俊、新井浩文、柄本時生が舞台あいさつに立った。

 本作は、船上で缶詰加工をする蟹工船で働く労働者たちが、低賃金で過酷な環境を変えようとする姿を描く人間ドラマ。

 物語に登場するのは男性ばかりとあって、男性キャストがズラリ。劣悪な環境を変えようと立ち上がる労働者たちのリーダー的存在、新庄を演じた松田は、「始めに新庄のシーンを台本で見たときは、すごくクドいとかクサいと思ったんですけど、みんなと一緒に芝居をするうちに、そんな感じはなくなりました」と男だらけの現場でテンションが上がった様子。

 柄本が「Hな話が多かった」と明かしたが、松田は、不思議そうに首をかしげるしぐさ。SABU監督も「誰も(そんな話は)してないですよ。彼の妄想なんじゃない?」としらばっくれ、一番年下の柄本が現場でかわいがられていた構図をうかがわせた。

 一方、船上の監督・浅川を演じ、労働者たちを棒で殴るシーンもあった西島は「皆さん、テストのときから思い切り殴ってくださいと言ってくれて、だんだん楽しくなって今日は誰を殴ろうかなー、なんて(笑)」とSっぷりをさく裂。柄本は「お腹……みぞおちをキレイに突かれました……」とその犠牲になった(?)ことを告白した。

 本作は、プロレタリアート文学の代表作家、小林多喜二が1929年に発表し、書店の1枚のポップから2008年の流行語トップ10入りを果たす再ブームとなった同名小説の映画化。蟹工船で働く労働者たちが、自らの置かれた過酷な状況を変えるために蜂起する物語。

映画『蟹工船』はシネマライズ、テアトル新宿ほかにて全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 4日
  5. 松田龍平ら「蟹工船」初日、男だらけのキャストで話題はやっぱり…