シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

空前の大ヒット!『ハリー・ポッターと謎のプリンス』全米第1位!!-7月21日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

空前の大ヒット!『ハリー・ポッターと謎のプリンス』全米第1位!!-7月21日版
「初登場第1位は、僕らの指定席ですね!」「来週はわからんぞ!」(映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』より) - (C) 2009 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 誰もが今週のランキング第1位は、映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』と思っていただろうが、その通りとなった上に、前代未聞の爆発的な数字を記録して業界内外で話題沸騰中である。

 7月15日(水)、深夜0時の鐘が鳴るとともに全米公開された映画『ハリー・ポッター』シリーズ第6作目は、全米4,325映画館、9,600スクリーンにて大型公開。深夜の先行ロードショーでこれまで王座に君臨していた映画『ダークナイト』を引きずり下ろし、先行ロードショーの新記録にあたる2,220万ドル(約22億2,000万円)という収入を記録した後、封切り初日のみの興行収入で5,820万ドル(約58億2,000万円)、週末の総合成績では7,780万ドル(約77億8,000万円)、そして公開後5日間の総合興行成績で1億5800万ドル(約158億円)を突破し、製作・配給のワーナー・ブラザーズは笑いが止まらないことだろう。ちなみにこの5日間のトータルにおいては、1億3,970万ドル(約139億7,000万円)を記録した前作シリーズ第5作目映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』をすでに追い抜いている。(1ドル100円計算)

 ハリポタ人気にウンザリしている方もいるとは思うのだが、シリーズものでこれだけコンスタントに人気を維持し続けている作品は非常に珍しく、すごいことなのでしばし我慢を……。また、原作者のJ・K・ローリングが2年前にハリポタの最終章を発表したことで、映画の方もフィナーレに向けて人気に拍車がかかってきているため、今後もフィーバーは続くと思われる。

 ハリポタ・フィーバーが吹き荒れる全米ボックスオフィスだが、興収全体を見てみると、去年の同時期と比べて38パーセントダウンという意外な結果が出た。これは今週末、全米規模の大型公開作品がハリポタのみにとどまったことに起因していると思われる。

 今週第2位は、先週と同ランクをキープしたこちらもシリーズ映画『アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの』で1,756万ドル(約17億5,600万円)。映画『アイス・エイジ』シリーズの中で、第3週目の下降率が36パーセントと一番低く、同作品を観に行った映画ファンの好意的なクチコミが広がってロングランにつながる可能性も出てきており、最終的な興収に興味が集まる。

 第3位も、先週と同じ順位となった映画『トランスフォーマー/リベンジ』で、ウイークエンドの興収は1,369万ドル(約13億6,900万円)。アメリカをはじめ海外でもいまだ勢い衰えずといったところである。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 を観る from 紫@試写会マニア (2009年7月23日 15時6分)
    公開が遅れまくっていた「ハリー・ポッター」シリーズの最新作、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 がやっと観られました!(感激) 長いお付き合いの方なら、私が結構なポッタリアンとご存知でしょうから、今回のレビューに関してはかなりの偏りがあることは容易に想像出来るでしょう。そうです、ご想像のとおり(笑) まず観られた事に感激で、興奮も冷め止まぬって感じですが、早速感想を♪ ぁ、あらすじは今回カットでいいですよね(笑)それから毎作ですが、ネタバレしちゃってるかも、なので、あしからず。 毎作品、製作 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 23日
  5. 空前の大ヒット!『ハリー・ポッターと謎のプリンス』全米第1位!!-7月21日版