シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヒュー・ジャックマン、8歳の時に家を出て行った母親と仲直り

ヒュー・ジャックマン、8歳の時に家を出て行った母親と仲直り
母親を責める気持ちはないと語るヒュー・ジャックマン

 ヒュー・ジャックマンが子供の頃に家を出て行った母親と仲直りをしたらしく、ニューヨークで一緒に楽しんでいるところを目撃されている。

 WENNによると、母親が出て行ったあと、父親が8歳のヒューと4人の兄姉の面倒を見ていたが、その後の話し合いの結果、姉たちは母親グレイスとともに母国イギリスへ引き取られ、ヒューと2人の兄は父親と一緒にオーストラリアに残ったという。ヒューは以前、産後のうつ病を患っていた母親が出て行ったことは責められないとコメント。現在、ヒューの妻デボラ・リーは、養子縁組のイベントに参加するためオーストラリアにおり、その間、グレイスがヒューと一緒にニューヨークで孫たちの面倒を見ている姿が目撃されたようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 22日
  5. ヒュー・ジャックマン、8歳の時に家を出て行った母親と仲直り