シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヒッチコックの『鳥』リメイク、監督交代 ナオミ・ワッツの主演は?

ヒッチコックの『鳥』リメイク、監督交代 ナオミ・ワッツの主演は?
ナオミ・ワッツ - Jason Kempin / Getty Images

 アルフレッド・ヒッチコック監督の1963年の映画『鳥』のリメイクの監督が交代することが明らかになった。
 映画サイトPajibaが伝えたところによると、ユニヴァーサル・ピクチャーズによって製作されるリメイク版『鳥』の監督に決まっていたマーティン・キャンベルが降板したとのこと。代わりの監督として浮上したのが、ウェス・クレイヴン監督の『鮮血の美学』をリメイクした『ザ・ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト』(原題)でハリウッドデビューを果たしたギリシア出身のデニス・イリアディスだ。アテネ生まれのイリアディス監督は、パリとリオデジャネイロで育ち、名門ブラウン大学で映画と政治経済学を学び、美術大学の最高峰といわれるロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)を卒業しているエリートだ。

 イリアディス監督はまだアメリカでは無名監督ながら、『ザ・ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト』(原題)は近年リメイクされたホラー映画の中では高い評価を受けており、R指定(17歳未満は保護者同伴が必要)のホラー映画として『鳥』を甦らせるだろうと期待されている。イリアディス監督の契約は正式には完了していないが、キャンベル監督の降板は確実で、キャンベル監督も去り、ホラー色の強くなるリメイク版『鳥』にナオミ・ワッツの主演もないだろうといわれおり、スタジオ側は新たなホラークイーンを見つけなければいけないようだ。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画を観るなら ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-(2009) from 映画を観るなら (2011年1月2日 8時31分)
    ラーかサスペンスか、内容についての知識がほとんど無い状態で観たので展開が読めずにハラハラできました。1970年代の映画のリメイクとしては十分ではないでしょうか。娘を暴行した4人組がその両親の家に泊り込むことになり、それを知った家族が生き残りをかけて対.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 7日
  5. ヒッチコックの『鳥』リメイク、監督交代 ナオミ・ワッツの主演は?