シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アカデミー賞監督キャスリン・ビグロー、『トラフィック』のような麻薬密売を題材にした映画を監督

アカデミー賞監督キャスリン・ビグロー、『トラフィック』のような麻薬密売を題材にした映画を監督
アカデミー賞監督キャスリン・ビグロー - Todd Wawrychuk / A.M.P.A.S.

 映画『ハート・ロッカー』で女性初のアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグローが、次回作として麻薬密売を題材にしたアクション・ドラマを監督することが明らかになった。

 アルゼンチンのナシオン紙が伝えたところによると、ビグロー監督が『トリプル・フロンティア』(原題)でメガホンを取り、撮影は来年から開始されるとのこと。作品は、アカデミー賞4部門を受賞したスティーヴン・ソダーバーグ監督映画『トラフィック』のような麻薬密売を題材にした映画で、悪名高いアルゼンチン・ブラジル・パラグアイの3か国が接している国境地帯「トリプル・フロンティア(Triple Frontier)」を舞台にする。同地帯は、麻薬密輸や武器取引、マネーロンダリングの拠点となっているだけでなく、多数のイスラム教徒が居住し、テログループの拠点になっている場所である。映画で麻薬密売だけでなく、テロ活動の温床であることも描くかは明らかにされていないが、アメリカの安全保障の脅威となっている同地帯の問題点をすべて取り上げるものとみられる。

 また、映画にはショーン・ペン、ハビエル・バルデム、デンゼル・ワシントンという3人のオスカー俳優が本作に興味を示していると伝えられており、豪華スター共演の実現を祈るばかりだ。脚本は、『ハート・ロッカー』のマーク・ボールが執筆する。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 4日
  5. アカデミー賞監督キャスリン・ビグロー、『トラフィック』のような麻薬密売を題材にした映画を監督