シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

クリストファー・ノーランの弟ジョナサン、映画『メメント』の発想は兄との会話のとぎれに…(1/2)

クリストファー・ノーランの弟ジョナサン、映画『メメント』の発想は兄との会話のとぎれに…
左からガイ・ピアース、ジョナサン・ノーラン、司会者、ジョー・パントリアーノ - Photo:Nobuhiro Hosoki

 映画『ダークナイト』『プレステージ』など今やハリウッドの大作を手掛けるようになったクリストファー・ノーラン監督。彼が2000年に製作した出世作 『メメント』が、公開から今年でちょうど10周年を迎える。そんな記念すべき年にTribeca Film Festival(トライベッカ映画祭)でトークパネルが行われた。トークパネルには、主演のガイ・ピアース、ジョー・パントリアーノ、ノーラン監督の弟で、原案のジョナサン・ノーランが参加し、当時を振り返った。

 映画『メメント』は、ある日何者かに妻をレイプされた上に殺害され、前向性健忘と なってしまう、保険調査員レナード(ガイ・ピアース)の話。前向性健忘とは、発症以前の記憶はあるが、発症以後の記憶は、数分前の出来事さえ忘れてしまうというもの。そんな状態で、レナードは記憶を残すためにポラロイドカメラで写真を撮り、体にタトゥーの証拠を刻みながら、犯人の手掛かりを徐々に追っていくという作品だ。

 原案のジョナサン・ノーランは、この映画の原案が引っ越しの最中に生まれたことを明かし、「あれは1997年、僕がワシントンでまだ大学生だったころ、当時イギリス に住んでいた兄クリスが、僕とハリウッドに移り住むことを決め、二人でカリフォルニアに車で向かっていた時だった。道中のミネソタ辺りで、話すことがなくなって、映画のアイデア交換を始めたんだ。そのとき、僕は大学の心理学の授業で前向性健忘の話を聞いたのを思い出して、急に新たな映画のアイデアが浮かんだんだ。それが、この作品の原案になったんだよ」と大学の授業もこの映画を作るにあたって、一役買ったことを明かした。

 クリストファー・ノーラン監督は、作家ジェームズ・エルロイの大ファンで、エルロイの原作であった映画『L.A.コンフィデンシャル』を観て、ガイ・ピアースの演技に感銘を受け、彼にこの作品の脚本を渡した。ガイは、その脚本を読んだ感想を、「それまで、彼ら兄弟(クリス、ジョナサン)の名前は知らなかったんだけど、渡された脚本を読んだ瞬間に気に入ったんだよ! 正直言って1、2度脚本を読んだぐらいじゃ、しっかり把握できなかったんだ! でも、個性的な構成と感情的なシーンにすごく惹(ひ)かれて参加したんだ」と語った。

 撮影の期間は25日だったが、リハーサルの期間が3週間も あったことについてガイは「この3週間のリハーサル期間で、この映画の一瞬一瞬に起きることを、僕ら俳優陣は把握できるようになっていったんだ。ただ、僕が演じた主人公のレナードは、起きたことを忘れちゃう設定だから、ある意味俳優としては自由な環境で演技することができたのかもしれないよ。毎回撮影現場 に行ったら、さて、今日はどのシーンを撮影しようか? という感じでね……」と話した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 28日
  5. クリストファー・ノーランの弟ジョナサン、映画『メメント』の発想は兄との会話のとぎれに…