シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『インセプション』3週連続首位!公開後17日間で170億円の興収を突破! -8月2日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『インセプション』3週連続首位!公開後17日間で170億円の興収を突破! -8月2日版
日本でも大ヒットです! (映画『インセプション』より) - (C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 レオナルド・ディカプリオ主演、クリストファー・ノーラン監督映画『インセプション』が、封切り3週目の今週末に2,749万ドル(約24億7,410万円)をたたき出し、3週連続の王座を獲得した。今年3週連続ナンバーワンに収まった作品は『インセプション』のほか、映画『アバター』『アリス・イン・ワンダーランド』『シュレック フォーエバー』とたったの3本。(1ドル90円計算)

 先週から上映館数が247件減ったにもかかわらず降下率も35.7パーセントと低く、今週デビューした話題の新作すらも寄せ付けないパワフルさを見せた。公開後17日間の成績を見ても、1億9,330万ドル(約173億9,700万円)という興行成績を上げており、2億ドル(約180億円)の大台も時間の問題と見られている。

 代わって今週の第2位は、初登場の映画『ディナー・フォー・シュマックス / Dinner for Schmucks』(原題)で2,353万ドル(約21億1,770万円)。アメリカの人気テレビ番組「ザ・オフィス」でもおなじみのコメディー俳優スティーヴ・カレル主演の同作品は2,911館での公開となっており、総合興行収入のチャート争いでは『インセプション』に劣ったものの、1館あたりの売り上げは『インセプション』の7,753ドル(約69万7,770円)で、一方『ディナー・フォー・シュマックス / Dinner for Schmucks』(原題)は8,082万ドル(約72万7,380円)と今週のトップ作品よりも勝っているのだ。

 第3位は、先週の第2位から45.9パーセントダウンの映画『ソルト』で1,947万ドル(約17億5,230万円)。公開後10日間で7,100万ドル(約63億9,000万円)の興行収入だ。

 第4位は、ワンランクダウンしたものの降下率は低い34.5パーセントにとどまっている映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』で1,552万ドル(約13億9,680万円)。ちなみに今回のチャート争いで、最大ライバルになると見られていた新作映画『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』は、『怪盗グルーの月泥棒 3D』と同じ3D作品で、ジャンルも同じファミリー映画だったのにもかかわらず惨敗で、第6位に終わった。

 第5位は、ザック・エフロンのファンが泣いて喜ぶザックざんまい映画『チャーリー・セントクラウド』(原題)で1,238万ドル(約11億1,420万円)の売り上げ。配給のユニバーサル・ピクチャーズの統計によれば、同作品の週末売り上げ45パーセントが金曜日に押し寄せた女性ファンからのチケット売り上げによるもので、映画を観に来ていた何と79パーセントが女性客、そして59パーセントが25歳以下と、強力なザックパワーがさく裂した封切り第1週目となった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画を観るなら インセプション from 映画を観るなら (2010年12月29日 23時49分)
    突拍子も無い理論をネタにして無理矢理映像化してみたような内容だった。何度も何度も「ありえねー」と思ってしょうがなかったけれど発想がユニークで引き込まれてしまう不思議な映画でした。もっとアクション性の強い映画かと思ってたけど結構地味でした。一回観ただけで.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「インセプション」の感想とあらすじ、ネタバレ注意! from DragonWomanの気になるアレ! (2010年8月5日 14時45分)
    絶対に映画館で観たかった「インセプション」、109シネマズHAT神戸のレディースデイが今日、水曜日なので観て来ました。感想はひと言で面白い!星4つ★★★★って感じ。いや、あらすじ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 3日
  5. 『インセプション』3週連続首位!公開後17日間で170億円の興収を突破! -8月2日版