シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー名誉賞受賞、御年79歳のジャン=リュック・ゴダール監督、協会が連絡とれず

アカデミー名誉賞受賞、御年79歳のジャン=リュック・ゴダール監督、協会が連絡とれず
ジャン=リュック・ゴダール監督 - 写真:AP/アフロ

 アメリカ映画芸術科学アカデミーが主催するガヴァナーズ・アワードで名誉賞を受賞することが決まったフランスのジャン=リュック・ゴダール監督だが、アカデミー協会員が、ゴダール監督と連絡が取れずに困っているという。

 この賞は、毎年3月に行われる米アカデミー賞の前に、特別賞として贈られるもので、今年ゴダール監督は俳優のイーライ・ウォラックとともに名誉賞を受賞、フランシス・フォード・コッポラ監督がアーヴィング・G・タールバーグ記念賞を受賞することが決まった。授賞式のディナー・パーティーは11月13日にハリウッドで行われるが、ゴダール監督に関しては、アカデミー協会がまだ連絡を取れずにおり、困っているという。協会のエグゼクティブ・ディレクターであるブルース・デイヴィス氏は、「電話やファックス、E-メール、友人や知り合いを当たっているし、公式な手紙も配送した。しかし今の時点で式に出席してくれるか確認がとれない」と語っている。

 ゴダール監督は、5月に行われたカンヌ国際映画祭でも、新作映画『フィルム・ソーシャリズム / Film Socialisme』(原題)』についての会見を行う予定であったが、記者たちには「ノー・コメント」というメッセージが残されキャンセルとなり、姿を見せることはなかった。現在も協会員はゴダール監督とコンタクトを取ろうと昼夜働きかけているようだが、ゴダール監督の授賞式出席はかなわないかもしれない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 28日
  5. アカデミー名誉賞受賞、御年79歳のジャン=リュック・ゴダール監督、協会が連絡とれず