シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』プレミアイベントが開催!マイケル・J・フォックスらが登場

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』プレミアイベントが開催!マイケル・J・フォックスらが登場
クリストファー・ロイド、マイケルJ.フォックス、リー・トンプソン、ロバート・ゼメキス監督

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX」の全世界同時発売を記念して、10月25日(現地時間)ニューヨークにてマイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、ロバート・ゼメキス監督らが出席してプレミアム・イベントが開催された。

 当時のスタッフ・キャストがそろい、まさに同窓会のような雰囲気の記者会見で、マーティ役のマイケル・J・フォックスは「忙しすぎて、当時の記憶はあいまい」と語り、ゼメキス監督が「マイケルが日中は、『ファミリー・タイズ』の撮影があったので、撮影は基本夜に行ったんだ」と、多忙なマイケルに合わせて撮影が行なわれた事を語った。

 マイケルは撮影で使用したNIKEのスニーカーをまだ所有していると言い、本作に対する思い入れは大きいようだ。ただ、「パート1の冒頭で使っているギターは、取っておけばよかったって後悔しているな」とのこと。マーティの相棒である科学者、ドクを演じたロイドも、「パート2で着た汽車の絵柄の、黄色いアロハシャツはまだもっているよ」と、コンビで作品への変わらぬ愛情を示した。

 また、ロレイン役を演じた、リー・トンプソンは、何度か娘と本作を観ているそうで、「娘の友達に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出ているなんてすごい! と言われたことがあるわ」とコメント。

 まさに世代を超えて愛されている本作だが、その理由について監督のゼメキスは、「この作品は、親子関係や友情などがテーマになっている。そういう、全世界で共感してもらえる人間関係をベースにしたからこそ、世代を超えて今でも愛されているんだと思うよ。」とその理由を述べた。

 会見後には、一同がレッドカーペットならぬ、ブルーカーペットを歩き、熱狂的ファンが製作した劇中のタイムマシン、デロリアンまでもが登場し、25周年記念にふさわしい、大盛り上がりのイベントとなった。

 「この作品はご存知のとおりタイムトラベルの話なんだけれど、映画自体が色褪せないタイムレスだからだと思う」というマイケルのコメントのとおり、今回のブルーレイボックス発売によって、これからも、世代を超えて本作が愛されていくのは確実だろう。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX」は、10月26日に全世界同時発売。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • バック・トゥ・ザ・フューチャー25周年 from Passion Fruit −情熱の果実− (2010年11月11日 19時24分)
    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』プレミアイベントが開催!マイケル・J・フォックスらが登場 - シネマトゥデイ 映画界とか芸能界、音楽界では何周年、何十周年といった周年イベントが 好きなようで、というか旧作を再発売するとか仕様を変えてリマスターで 復活させるとか、はたまた逝去した人の歳を数える生誕祭何てイベントも あったりするわけで、商売としては仕方ないかなというように思います。 今年も多種多様な生誕祭とか復活祭などのプレミアムイベントが開催され それなりに盛り上がりに貢献したような感じですが、先月 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』プレミアイベントが開催!マイケル・J・フォックスらが登場