シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門審査対象候補作品が発表!実力派ぞろいのラインアップに!!

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門審査対象候補作品が発表!実力派ぞろいのラインアップに!!
2度目のオスカーを狙うアレックス・ギブニー監督(写真は2007年受賞時) - Michael Yada / (c) A.M.P.A.S.

 先日、長編アニメーション部門のノミネーション候補に細田守監督の映画『サマーウォーズ』も候補入りを果たし、日本でも盛り上がりを見せてきた第83回アカデミー賞だが、このほど長編ドキュメンタリー部門審査対象候補となる15作品が発表された。

対象作品の原題/日本語タイトルは以下の通り(アルファベット順)

『クライアント9:ザ・ライズ・アンド・フォール・オブ・エリオット・スピッツァー』(原題)
“Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer”

『エネミーズ・オブ・ザ・ピープル』(原題)
“Enemies of the People”

『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』(原題)
“Exit through the Gift Shop”

『ガスランド』(原題)
“Gasland”

『ジーニアス・ウイジン:ジ・インナー・ライフ・オブ・グレン・グールド』(原題)
“Genius Within: The Inner Life of Glenn Gould”

『インサイド・ジョブ』(原題)
“Inside Job”

『ザ・ロットリー』
“The Lottery”

『プレシャス・ライフ』(原題)
“Precious Life”

『クエスト・フォー・オナー』(原題)
“Quest for Honor”

『レストレポ ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録~』

『ディス・ウェイ・オブ・ライフ』(原題)
“This Way of Life”

『ザ・ティルマン・ストーリー』(原題)
“The Tillman Story”

『ウェイティング・フォー・スーパーマン』(原題)
“Waiting for Superman”

『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』

『ウィリアム・クンスラー:ディスタービング・ジ・ユニバース』
“William Kunstler: Disturbing the Universe”

 今回の審査対象作品は、応募された全101作品の中から選出された。2010年、東京国際映画祭で上映された『ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡』などを除けば、日本で紹介されている作品が少ないこともあってか、地味な印象はぬぐえないが、映画『クライアント9~』のアレックス・ギブニー監督は、2007年の映画『「闇」へ』で同部門の第80回アカデミー賞をすでに獲得。『ウェイティング・フォー・スーパーマン』のデイヴィス・グッゲンハイム監督も、2006年にアル・ゴアが出演し話題となった映画『不都合な真実』でやはり同賞を獲得している。それに加えて、ルーシー・ウォーカーとチャールズ・ファーガソンという2人のアカデミー賞受賞・ノミネート経験者の映画も名を連ねており、実力者ぞろいの候補作品となっている。

 第83回アカデミー賞候補のノミネーションは来年2011年1月25日西海岸時間早朝5:30よりアカデミー本部サミュエル・ゴールドウィン劇場にて発表され、長編ドキュメンタリーも、この15作品から5作品がノミネーションされる予定。授賞式は2011年2月27日(日)、ハリウッドはコダックシアターにて開催予定。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 25日
  5. 第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門審査対象候補作品が発表!実力派ぞろいのラインアップに!!