シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『仮面ライダー』が1位に!ライダーキックで『ハリポタ』『ヤマト』を蹴落とした!【映画週末興行成績】(1/2)

『仮面ライダー』が1位に!ライダーキックで『ハリポタ』『ヤマト』を蹴落とした!
吉川晃司の力も借りて、2人の仮面ライダーが首位を獲得! - オーズ&ダブル feat.スカル」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 今週は12月18日に話題作が続々と公開されたこともあり、トップテン圏内に5本の新作が初登場。興行冬の陣もいよいよ佳境に入ってきた。

 そんな中、首位を獲得したのはダークホースというべきか、冬の「MOVIE大戦」2作目となる映画『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』だった。全国274スクリーンで公開され、初日2日間成績は動員が32万5,667人、興収が3億7,012万4,400円。本作は前売り券も好調で、公開3週前の時点で20万枚を突破。これは劇場版仮面ライダー史上最高の売れ行きだった。今年8月に公開された2本立て映画『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THE ムービー』(最終興収14.8億円)との興収対比111.6%となり、定番の夏シリーズを上回るヒットスタートをきっている。

 公開5週目となる映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は2位に落ちたが、動員は約400万人、興収は約49億円を突破した。3位は『SPACE BATTLESHIP ヤマト』がワンランクダウン。累計動員は188万1,030人、累計興収22億8,541万9,860円を突破している。

17日の金曜日に公開となった映画『トロン:レガシー』は4位に初登場だが、興収ランキングでは2位の成績となる。全国533スクリーンで公開され、土日成績は動員16万7,709人、興収2億8,503万5,100円。初日を合わせた3日間の成績は、動員が21万6,887人、興収が3億6,532万9,500円という結果になった。主演のオリヴィア・ワイルド、プロデューサーのショーン・ベイリー、ジョセフ・コジンスキー監督らが来日し、本作の宣伝部長に就任した女優の山田優やオードリーとのやりとりがニュースになったことも、本作の知名度を上げることに役立ったようだ。

 5位は人気シリーズ最終章にしてシリーズ初の3D作品となる映画『シュレック フォーエバー』。全国356スクリーンで公開され、動員8万8,523人、興収1億2,113万6,500円。本作の日本語吹き替え版を担当した濱田雅功、藤原紀香、山寺宏一、竹中直人、劇団ひとりらがイベントなどに精力的に参加したこともニュースになった。続く6位も初登場で、映画『最後の忠臣蔵』がランクイン。全国309スクリーンで公開され、初日2日間の成績は、動員が8万6,838人、興収が9,608万500円という結果になった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 23日
  5. 『仮面ライダー』が1位に!ライダーキックで『ハリポタ』『ヤマト』を蹴落とした!