シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『相棒-劇場版II』が勢い止まらずV3!さらに『イナズマイレブン』『ライダー』など4作品が動員ミリオン突破!!【映画週末興行成績】

『相棒-劇場版II』が勢い止まらずV3!さらに『イナズマイレブン』『ライダー』など4作品が動員ミリオン突破!!
『相棒』の勢いは止まらないのか!?引っ張られるように、下位作品も動員を延ばす! - (C) 2010「相棒-劇場版II-」パートナーズ

 正月の盛況を持続するように、新年最初の連休となった今週末も好調を持続した国内ランキング。社団法人外国映画輸入配給協会によると、モンスター級のヒット映画『アバター』が先導した昨年の正月興行に比べると、今年は前年比80%弱といった実績らしいが、それでも新年は『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』が絶好調。3週連続で首位を獲得し、祝日だった10日月曜日までの累計では早くも動員が174万7,007人、興収が20億7,399万6,500円を突破した。

 入場者プレゼントとして、12月23日から及川光博演じる「神戸尊のクリスマスカード」、1月1日からは水谷豊演じる「杉下右京のニューイヤーカード」、そして1月8日からは岸部一徳演じる「小野田官房長官のスペシャルグリーティングカード」がプレゼントされることになり、3枚コンプリートを目指して劇場に通った人も多かったようだ。

2位にはデンゼル・ワシントン主演映画『アンストッパブル』が初登場。全国338スクリーンで公開され初日2日間成績は動員17万9,731人、興収2億2,459万3,200円。3連休の動員は31万8,313人、興収は3億8,907万5,000円となった。年明けに公開される作品が少ない状況の中で、大作感あふれる本作に注目が集まったことがうかがい知れる。ねづっち(Wコロン)、南明奈、横綱白鵬の連勝を63で止めた稀勢の里、AKB48(高橋みなみ、渡辺麻友、宮澤佐江)といったアンストッパブル(勢いの止まらなかった)有名人を起用したイベント展開も話題を集めた。

 公開8週目の映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は1ランクダウンで3位、4位の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は10日までの累計動員が302万8,623人、興収が36億8,351万4,690円を突破。5位の『劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来』は累計動員が122万8,744人、累計興収が15億2,157万100円となった。また公開4週目の『トロン:レガシー』は2ランクダウンで6位となり、7位の『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』はワンランクダウンだが、累計動員が111万5,818人、累計興収が12億5,176万2,400円となった。

 8位『シュレック フォーエバー』は1ランクダウン、公開7週目の『武士の家計簿』は9位だが、累計動員が112万7,278人、累計興収が12億2,950万1,750円という結果になった。今週は5、6、7、9位の作品がそれぞれ100万人を突破している。また10位は『最後の忠臣蔵』で2ランクダウン。そして11位の『ノルウェイの森』は1ランクダウンでベストテン圏外に落ちてしまったが、累計動員が90万908人、興収11億6,720万8,100円と興収10億円を突破している。

 今週末は、実在の人物を題材として扱った映画『僕と妻の1778の物語』『ソーシャル・ネットワーク』の2作品がランク入りを狙う。その他、『愛する人』『僕が結婚を決めたワケ』『その街のこども 劇場版』『ウッドストックがやってくる!』などが公開予定。また、昨年末に世間を騒がせた市川海老蔵の出演シーンがあるということで、公開が心配されてきた『わが心の歌舞伎座』も予定通り公開されることになっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 13日
  5. 『相棒-劇場版II』が勢い止まらずV3!さらに『イナズマイレブン』『ライダー』など4作品が動員ミリオン突破!!