シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『GANTZ』が初登場1位!『RED/レッド』が2位!堀北真希が悪女演じる『白夜行』も好調【映画週末興行成績】(1/2)

『GANTZ』が初登場1位!『RED/レッド』が2位!堀北真希が悪女演じる『白夜行』も好調
期待通りの結果を見せた『GANTZ』 満足度も高し! - (C) 奥浩哉 / 集英社 (C) 2011「GANTZ」FILM PARTNERS

 今年に入ってから、大人向けの刑事ドラマや人間ドラマといった作品のヒットが続いた反動だろうか。今週はスクリーン映えするような派手なアクション大作が初登場で1位、2位を占めた。

 今週は映画『GANTZ』が初登場1位。土日2日間の成績は、全国410スクリーンでの公開で、動員45万4,220人、興収5億9,282万3,900円を上げた。作品に対する満足度も「非常によかった」「よかった」を合わせると95.1%と非常に高く、4月23日に公開される第2作『GANTZ PERFECT ANSWER』を「鑑賞したい」という回答も97.3%という高水準になった。男女比は25:75と圧倒的に女性の割合が高い。その上、10代、20代の観客が全体の7割を占めるなど、若年層に圧倒的な支持を集めているのが特徴。配給元の東宝では「最終興収40億円は確実で、2部作で100億円を狙える」と鼻息も荒い。原作の評価が世界的に高いだけあって、すでに世界20の国や地域で配給が決まるなど、『GANTZ』旋風はまだまだ止まることはないだろう。

 そしてブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、アーネスト・ボーグナイン、リチャード・ドレイファスという、通好みの激シブ俳優たちによるオールスター映画『RED/レッド』が初登場2位。アクション映画ファンのみならず、往年の俳優たちになじみの深い中高年を中心に幅広い客層を取り込んだ本作が大ヒットスタート。全国297スクリーンでの公開で、土日2日間の成績は動員が18万3,196人、興収が2億2,374万円を上げて、興収20億円に向け素晴らしい出足となった。

 先週の首位から3位と2ランクダウンとなった映画『ソーシャル・ネットワーク』は、累計動員が60万6,780人、累計興収が7億8,883万7,700人という結果に。そして4位は『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』で1ランクダウン。5位の『僕と妻の1778の物語』は3ランクダウンだが、累計動員が61万1,369人、累計興収が7億5,259万4,900円という結果になった。

6位にはベストセラー小説家、東野圭吾の最高傑作との呼び名が高い小説を、堀北真希、高良健吾、船越英一郎出演で映画化した『白夜行』が初登場。土日2日間の成績は、全国210スクリーン、動員6万367人、7,862万5,500円とまずまずのスタート。本作は2月10日からドイツで開催されるベルリン国際映画祭パノラマ部門での上映も決定しており、海外映画祭初参加となる堀北も出席する。これからメディアなどでさらに話題を集めることは必至だろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 2日
  5. 『GANTZ』が初登場1位!『RED/レッド』が2位!堀北真希が悪女演じる『白夜行』も好調