シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

さだまさし原作『アントキノイノチ』を岡田将生、榮倉奈々で映画化!岡田は暗い過去を持つ遺品整理業者役!(1/2)

さだまさし原作『アントキノイノチ』を岡田将生、榮倉奈々で映画化!岡田は暗い過去を持つ遺品整理業者役!
岡田将生×榮倉奈々

 さだまさしの書き下ろし小説第5弾『アントキノイノチ』が、数々の話題作への出演が相次ぐ岡田将生、榮倉奈々の共演で映画化されることが発表された。メガホンを取るのは、映画『ヘヴンズ ストーリー』で、第61回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)の2冠を獲得する快挙を成し遂げた瀬々敬久監督。撮影は3月1日にクランクインし、山口県や静岡、関東近郊でのロケを経て、4月にクランクアップ、2011年秋の公開を予定している。

 映画『精霊流し』『解夏』『眉山 -びさん-』と執筆する作品が次々と映画化され、いまや人気作家としての地位も高まりつつあるさだ。今回、映画化が決定したのは、そんなさだの書き下ろし小説第5弾「アントキノイノチ」。主演に抜てきされた岡田は「今回は原作を先に読ませていただいて、心温まるお話で、一気に読んでしまいました」と原作を大絶賛している。岡田は、高校時代のある事件がきっかけで心を閉ざしてしまい、遺品整理業を営む会社で働くことで、命と向き合っていくという役どころを演じたが、「(自分が)演じる『永島杏平』という役は、心に問題を抱えていて、今まで演じたことのない役に挑戦させていただくので、今まで以上にしっかり演じていきたいと思っています」と難しい役どころに挑戦する意気込みを語っている。

 そんな岡田は第34回日本アカデミー賞で、最優秀賞には至らなかったものの映画『告白』『悪人』の2作品で助演男優賞を受賞するという快挙を成し遂げたばかり。一方、メガホンを取る瀬々敬久監督は、第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞とNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞と実力派がそろった本作。榮倉は、第33回日本アカデミー賞で岡田と共に新人俳優賞を受賞しているが、共演は今回が初めて。「瀬々監督も岡田将生君も初めてご一緒させていただくので、どんなふうにコミュニケーションを取って撮影が進んでいくのか、今から楽しみです」と撮影を心待ちにしている様子。そんな岡田も「榮倉さんはいろいろな作品に出ているのを観ていて、とても素晴らしい女優さんだと思っていますので、今から撮影が待ち遠しいです」と榮倉との共演を楽しみにしているようだ。榮倉は自身が演じる久保田ゆきについて、「生きるということ、社会とかかわるということ。日々、自問自答しながら前進したいと望む姿は同世代として、とても興味深いです」と語っているが、こちらも衝撃的な過去を持つという難しい役どころになっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 22日
  5. さだまさし原作『アントキノイノチ』を岡田将生、榮倉奈々で映画化!岡田は暗い過去を持つ遺品整理業者役!