シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大人の女性に大人気!?4連休の全米ナンバーワン映画は、リーアム・ニーソンの新作映画に! -2月20日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

大人の女性に大人気!?4連休の全米ナンバーワン映画は、リーアム・ニーソンの新作映画に! -2月20日版
今週第1位の映画『身元不明』より - (C) 2011 DARK CASTLE HOLDINGS, LLC

 月曜日がプレジデント・デーで4連休となった今週末のボックスオフィスは、3,043館で公開され2,180万ドル(約18億5,300万円)の収益を上げたリーアム・ニーソン主演のサスペンス映画『身元不明』がトップの座に輝いた。映画を観に来ていた51パーセントが女性客で、全体の89パーセントが25歳以上の観客であったという、大人の女性映画ファンを集めた作品だったようだ。これは主演がカッコいい壮年男リーアムだからこそ成せる業であろう(ちなみにリーアムは58歳なり)。(1ドル85円計算)

 次は、映画『ノメオ&ジュリエット(原題) / Gnomeo and Juliet』と激戦の末、辛うじて第2位に収まった初登場のアクション映画『アイ・アム・ナンバー4』で1,940万ドル(約16億4,900万円)の成績。シリーズを目指して製作されたらしいが、上映館数3,154館でこの収益では……。PRにばく大な費用がつぎ込まれたにもかかわらず、批評家たちからかなりコキ下ろされており、来週以降の成績も期待できないかも……。ちなみにこの映画の配給会社はディズニーだが、製作はドリームワークスだ。また、観客調査によると、本作を観に来ていた57パーセントは男性客(とはいうものの全体の59パーセントはカップルだったという仕分けになっている)年齢層としては50パーセントが18歳から34歳、そして18パーセントが12歳から17歳だったという結果で若い客が中心だったというデータが出ている。

 次の作品は、今週惜しくも第3位となった『ノメオ&ジュリエット(原題) / Gnomeo and Juliet』で1,924万ドル(約16億3,540万円)。この記事を執筆している時点で第2位の『アイ・アム・ナンバー4』と僅差(きんさ)であり、土日月の売り上げでは『ノメオ&ジュリエット(原題) / Gnomeo and Juliet』の方が上だったため、一部の映画サイトでは『アイ・アム・ナンバー4』が第3位扱いされているところも。ちなみに公開11日目にしての総合収益は5,584万ドル(約47億4,640万円)となっている。

 代わって第4位は、先週の王座から転げ落ちてしまったアダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演映画『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット(原題) / Just Go With It』で1,850万ドル(約15億7,250万円)。公開後11日目で6,430万ドル(約54億6,550万円)の収益を上げているものの、以前同時期に公開されたアダムの映画『50回目のファースト・キス』が、公開11日目にはすでに7,290万ドル(約61億9,650万円)をたたき出していた成績と比べると、少々寂しい結果となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 23日
  5. 大人の女性に大人気!?4連休の全米ナンバーワン映画は、リーアム・ニーソンの新作映画に! -2月20日版