シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

深津絵里が落ち武者を演じる?三谷幸喜と初共演でJRAのCMに出演

深津絵里が落ち武者を演じる?三谷幸喜と初共演でJRAのCMに出演
CMの一幕-深津絵里&三谷幸喜

 10月29日に公開される映画『ステキな金縛り』が、「JRA WIN5」とコラボレーションし、深津絵里と三谷幸喜の初共演となるコマーシャル(以下CM)が制作されたことがわかった。深津は、三谷監督の前作『ザ・マジックアワー』に出演しており、今年は三谷作・演出の舞台「ベッジ・バードン」にも出演するが、役者として三谷監督と共演するのは、意外にも今回が初めて。CMには、三谷監督が深津に『ステキな金縛り』の出演を交渉する「出演交渉編」とその後出演が決まり映画の撮影をする「撮影現場編」の2本があり、映画同様コミカルなストーリーが展開されるという。

 4月22日から放送される「出演交渉編」のCMは、すべての配役が自分になっている台本を手渡された深津が、三谷監督に「役が多すぎませんか?」と問いかける。そして、深津の顔をジッと見つめる三谷の「あと2億円あれば、他の俳優をキャスティング出来るのに……」という心の声が聞こえ、さらに深津が落ち武者も自分が演じるのかと問いかけると、三谷が「もちろん」と返すという内容だ。100円で最高2億円の払戻金を手にするチャンスがある「JRA WIN5」の最大の特徴をユニークにほうふつさせる自信の仕上がりだ。

 今回“俳優”・三谷幸喜との共演を深津は「演出されている時よりも照れくさいですね。普段、演出している三谷さんしか知らないので、とてもやりづらいです(笑)」とコメント。三谷は「やはり俳優さんではないから、100%役になりきれない」と俳優としての自分を嘆き、自身に俳優としての道はないと話しつつ、「(深津さんの)素の表情から役になりきった瞬間の、今役に入った“というところを真近で見ることができて、感動して泣きそうになりました。本当はもっとけいこを重ねて、今度は舞台で共演したいですね」と大きな夢を語った。

 そんな三谷監督と深津がタッグを組んだ映画『ステキな金縛り』は、将来性ゼロの三流弁護士エミ(深津)が、担当した殺人事件の証人に、ひょんなんことから幽霊の落ち武者を立たせることになるという奇想天外なファンタジー・法廷サスペンス・コメディー。深津演じる弁護士の事務所のボスに阿部寛、殺害される資産家の妻に竹内結子、落ち武者に西田敏行、堅物検事に中井貴一、そのほか浅野忠信、佐藤浩市、深田恭子、篠原涼子、唐沢寿明と超豪華キャストが集結し、三谷ワールドを盛り上げている。(編集部・島村幸恵)

映画『ステキな金縛り』は10月29日全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 深津絵里が落ち武者を演じる?三谷幸喜と初共演でJRAのCMに出演