シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

目指すはアカデミー賞! アメリカで活動する新鋭日本人監督の作品がカンヌでお披露目(1/2)

目指すはアカデミー賞! アメリカで活動する新鋭日本人監督の作品がカンヌでお披露目
目標のオスカーへ向け、具体的な活動を行なう宮崎光代監督 - Photo:Harumi Nakayama

 カンヌ国際映画祭が短編映画監督をサポートするショート・フィルム・コーナーで今年、米国で女優としても活躍している宮崎光代監督『TSUYAKO』が選ばれた。同作品はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2011(6月16日~26日、東京・表参道ヒルズ スペース オーなどで開催)のアジア インターナショナル&ジャパン部門での上映も決まっており、カンヌで一足先にお披露目となった。

 宮崎監督は大阪府出身。11歳からミュージカルやオペラの舞台に立ち、高校時代に渡米。ロサンゼルスで女優やモデル、カメラマンなど多彩な活動をする一方で、ジョージ・ルーカスやロン・ハワードなど名だたる監督たちを輩出した名門・南カリフォルニア大学(USC)の映画芸術学部大学院に入学した。在学中には米コカ・コーラ社主催のリフレッシング・フィルムメーカーズ・アワードのファイナリストに選ばれ、また昨年夏にはイタリアのファッションブランド「DIESEL」のプロモーションCMも手がけた。『TSUYAKO』は同大学院の卒業制作だ。

 作品の内容は、なかなか刺激的。戦後間もない日本を舞台に、厳しいしゅうとの監視の下で、工場勤務に、家事にと勤しんでいる女性・ツヤ子(勝俣幸子)が主人公。そんな真面目な彼女には秘め事があった。かつて、同性(藤真美穂)と愛し合った過去があったのだ。そんなツヤ子の元へある日、その元恋人が訪ねてきたことから心が揺れ始める。厳格な家に残るか? それとも元恋人との暮らしを選ぶのか……。みずみずしい映像の中で繰り広げられる2人の、禁断の情事は実に官能的だ。

 本作のアイデアについて、脚本も手掛けた宮崎監督は「ウチのおばあちゃんの11回忌が2009年にあったのですが、遺品を整理していたら一枚の写真が出てきた」と語り、そこに写る、男性的な服装に身を包んだ祖母の姿に「直感で『おばあちゃん、レズやったんやろうな……』とわかったんです。昔からジーンズ履いて、ハンチング帽かぶって、男っぽい感じやったんですけどね」とサラリと告白。続いて、「おばあちゃんは後妻で、ひいおばあちゃんにいじめられて辛い思いをしながら、いつも逃げる用意をしていたそうです。なので、私たち孫には『決して諦めず、自分の好きな道を進みなさい』といつもサポートしてくれた。そんなおばあちゃんのように自由に生きられなかったあの時代の女性たちへ、(同性愛者であることを)カミングアウト出来なかった人たちへささげるつもりで本作を作りました」と作品に込めた思いを語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • visit this site from visit this site (2014年8月17日 13時37分)
    目指すはアカデミー賞! アメリカで活動する新鋭日本人監督の作品がカンヌでお披露目(1/2) - シネマトゥデイ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【恋の罪】水野美紀 全裸ドM立ちバック濡れ場で漆黒ヘア【動画】 from 濡れ場ブログ (2011年6月17日 16時0分)
    園子温監督の最新作『恋の罪』で主演の水野美紀が新境地を切り開くべく果敢に挑んだ決意の"濃密濡れ場"が話題となっている。 シャワールームで立ちバックの姿勢で後ろから男に抱きすくめられ、男の手でなすがままに肉体を弄ばれると、女は目を閉じ肉欲の快感に… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 4日
  5. 目指すはアカデミー賞! アメリカで活動する新鋭日本人監督の作品がカンヌでお披露目