シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

森山未來、手塚治虫作品のダンス化「テヅカ TeZukA」に挑戦!世界的振付家が手掛け、来年2月に日本初演

森山未來、手塚治虫作品のダンス化「テヅカ TeZukA」に挑戦!世界的振付家が手掛け、来年2月に日本初演
手塚治虫のダンス化作品に挑戦する森山未來

 森山未來が、漫画家・手塚治虫さんの作品からインスピレーションを得たダンス作品「テヅカ TeZukA」に出演することが明らかになった。世界的な振付家シディ・ラルビ・シェルカウイが手掛けた本作は、今年9月にロンドンで世界初演を迎えた後、来年2月23日から東京・Bunkamuraオーチャードホールにて日本初演となる。演劇とダンスの垣根を超えた、新時代のパフォーマンス作品だ。

 「テヅカ TeZukA」は、手塚さんの作品をそのままダンス化するのではなく、手塚さんのマンガ・アニメ、そして「創造主としての手」「マンガを描く動き=ダンスという認識」「文字と絵/書とマンガ」などいくつかのキーワードを基に展開するダンスと音楽のコラボレーション作品。世界各地から選ばれた9人のダンサー、2人のミュージシャン、そして俳優と書道家が出演する本作に、今回森山はWキャストの一人として出演。世界初演のロンドン・サドラーズウェルズでの公演にはもう一人の大植真太郎が出演するものの、東京公演では森山が全公演出演する予定だ。本作は、ヨーロッパ、アジアへのワールドツアーや各地フェスティバルの参加も視野に入れており、担当者によると、スケジュールさえ合えば、森山もそれらに出演する可能性はあるという。

 手塚治虫さんの世界観をモチーフに、日本、そして20世紀後半の世界を描くという壮大なビジョンを持つ本作の振付はシェルカウイが担当。2010年の「アポクリフ Apocrifu」以来の日本公演となるシェルカウイは、世界各国の賞を受賞している振付家であり、過去には少林寺の僧侶たちを起用した作品を発表したことがある。本作ではイギリスの人気ミュージシャン、ニティン・ソーニーとコラボレートしており、どんな世界がステージ上で展開されるのかは、世界中のファンが固唾を呑んで見守っている。

 映画・舞台・テレビと活躍の場を選ばない森山にとっても、今回のシェルカウイとの作品が大きなステップアップの場になることは間違いない。5歳からジャズダンスやタップダンス、クラシックバレエなどに親しんできた森山だけに、日本どころか世界中から有名クリエイターやデザイナーが参加している本作を前に、腕の鳴らないはずがない。日本公演は来年2月とまだ先のように思えるが、すでにリハーサルは行われており、準備は万端。チケットは今年10月の発売を予定している。(編集部・福田麗)

「テヅカ TeZukA」は2012年2月23日~26日にBunkamuraオーチャードホールにて日本初演予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 2日
  5. 森山未來、手塚治虫作品のダンス化「テヅカ TeZukA」に挑戦!世界的振付家が手掛け、来年2月に日本初演