シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャスティン・ティンバーレイクの新作、SF作家から公開中止を求める訴訟を起こされる

ジャスティン・ティンバーレイクの新作、SF作家から公開中止を求める訴訟を起こされる
アマンダ・セイフライドとジャスティン・ティンバーレイク - Chelsea Lauren / WireImage / Getty Images

 ジャスティン・ティンバーレイクとアマンダ・セイフライド主演の新作SFスリラー、『イン・タイム(原題) / In Time』が、SF作家のハーラン・エリスンから公開中止を求める訴訟を起こされている。

 エリスンは、この作品が1965年に発表した自身の短編「『悔い改めよ、ハーレクィン!』とチクタクマンはいった」から内容を勝手に使われていると申し立てている。この短編は 1966年に優れたSF作品に贈られるヒューゴー賞を受賞した人気の作品。エリスンは、映画が、人々がその寿命を配分されている未来の世界を舞台にしていることや、人々の寿命を管理する「タイムキーパー」と呼ばれる存在が描かれていることなど、自分の著作と同じ要素が含まれていると語っているほか、映画を事前に試写した批評家もこの映画がエリスンの著作をもとにしていると認識している、と指摘している。

 エリスンは、この映画とは別に自身の著書の映画化について企画が立ち上がるよう働きかけを行っていたため、今回の映画の公開によって、自身の努力がつぶされてしまうことも懸念しているという。

 『イン・タイム(原題)』はアメリカで10月28日に公開を予定しているが、今回の訴訟によって、今後、公開に影響が出るかもしれない。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 18日
  5. ジャスティン・ティンバーレイクの新作、SF作家から公開中止を求める訴訟を起こされる