シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松雪泰子、最強の女帝に!修羅の心で檀れいと女のバトル!!

松雪泰子、最強の女帝に!修羅の心で檀れいと女のバトル!!
美しい着物姿で登場した松雪泰子

 1日、渋谷のNHK放送センターでNHK大河ドラマ「平清盛」スタジオ取材会が行われ、2月5日放送回「海賊討伐」で初登場予定の松雪泰子が“最強の女帝”としての威厳に満ちた着物姿で登場した。

 大河ドラマ初主演となる松雪が演じるのは得子(美福門院)。鳥羽上皇のもとに入内した彼女は、やがて元来持っていた政治的手腕と女の情念とをエネルギーにして朝廷内で絶大なる権力を持つようになる、まさに“最強の女帝”という役どころだ。

 この日の会見に松雪は、劇中の得子の衣装で登場。本作の人物デザイン監修を行う柘植伊佐夫は「女帝君臨という衣装にしたい」とそのテーマを語っており、得子が内に秘めている力強さを衣装でしっかりと表現している。

 ドラマでは、鳥羽上皇(三上博史)の寵愛(ちょうあい)をめぐる、璋子(檀れい)との女の激しい争いが見どころのひとつ。璋子への嫉妬から沸き起こる修羅の心を体現する松雪は「璋子さんと対立していく背景には、鳥羽院の心を得たいという、女性としての心理がある。純粋培養された璋子さんは、神々しく福々しく、得子にないものを持っていて、かなわないと感じる。自分にないものに対する敗北感というか、どうあがいても、絶対手に入れられないものへの思いは、わかる気がします」と役柄を分析。

 今回バトルの相手となる檀とは初共演。「共通の友人がいるので、以前から、パーティーなどで会ったときに、一緒に共演したいねと話していました。今回、初共演で、しかも女同士のバトルを繰り広げるという役柄でしたので、すごく面白かったです」と切り出すと、「先日、檀さんがクランクアップした後の撮影で、得子の『璋子がいなくなり、はりあいがなくてつまらない』というセリフがあったんですが、わたしも今は寂しい思いをしています」とその思いを吐露した。(取材・文:壬生智裕)

NHK大河ドラマ「平清盛」はNHK総合にて放送中(毎週日曜午後8時)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 1日
  5. 松雪泰子、最強の女帝に!修羅の心で檀れいと女のバトル!!