シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スティーヴン・キング原作『キャリー』リメイク作品で主役のキャリーはクロエ・グレース・モレッツとヘイリー・ベネットの一騎打ち

スティーヴン・キング原作『キャリー』リメイク作品で主役のキャリーはクロエ・グレース・モレッツとヘイリー・ベネットの一騎打ち
クロエ・グレース・モレッツがキャリーに?

 スティーヴン・キング原作でブライアン・デ・パルマ監督が1976年に製作したホラーの名作『キャリー』のリメイク作品で、主役のキャリー役は映画『ヒューゴの不思議な発明』のクロエ・グレース・モレッツと映画『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のヘイリー・ベネットの一騎打ちになったとTheplaylistが伝えている。

 監督は映画『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピアースがメガホンを取ることに決まり、あとはタイトル・ロールとなる主役をめぐってハリウッド若手女優たちの熾烈な競争となっているようだ。Vultureが伝えるところによると、これまでに、シェイリーン・ウッドリー(『ファミリー・ツリー』)、ダコタ・ファニング(『トワイライト』シリーズ)、エミリー・ブラウニング(『エンジェル ウォーズ』)、ベラ・ヒースコート(『TIME/タイム』)にリリー・コリンズ(『プリースト』)が興味を示したそうだが、ここにきて、クロエ・グレース・モレッツとヘイリー・ベネットが最終候補として検討されているとのこと。

 クロエ・グレース・モレッツは15歳にしてテレビも含め41作品に名前を連ねる「ベテラン」、一方のヘイリー・ベネットは出演作品12本と少ないものの役柄選びに気を使い、最近ではグレッグ・アラキ監督の映画『カブーン(原題)/ Kaboom』に出演、性に目覚めた大学生役を大胆に演じたことが話題になった。

 ストーリーは、高校に通う気弱な性格のキャリーは、そのさえない容姿からいつもクラスからいじめを受けていた。そのいじめが頂点に達したプロムパーティーの当日、キャリーは秘められた超能力を解放し凄惨な惨劇が始まるというホラーの名作。

 タイトル・ロールが映画の面白さを決めそうな本作、どちらが主役の座を射止めるか興味が尽きない。(後藤ゆかり)


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 25日
  5. スティーヴン・キング原作『キャリー』リメイク作品で主役のキャリーはクロエ・グレース・モレッツとヘイリー・ベネットの一騎打ち