シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人気声優・櫻井孝宏、豊崎愛生との濃厚なベッドシーンに「妙な雰囲気になっていませんか?」

人気声優・櫻井孝宏、豊崎愛生との濃厚なベッドシーンに「妙な雰囲気になっていませんか?」
左から、行成とあ、櫻井孝宏、岩永洋昭

 23日、映画『ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略』の初日舞台あいさつが新宿バルト9にて行われ、声優陣の岩永洋昭、櫻井孝宏、行成とあ、そして窪岡俊之監督が登壇した。

 「鮮烈に映し出されるエロス(生)とタナトス(死)」というテーマを内在している本作。劇中では櫻井演じるグリフィスと、豊崎愛生演じるシャルロットとの過激なベッドシーンが展開されることもあり、櫻井は「カップルで観に来た方いらっしゃいますか? 妙な雰囲気になっていませんか? (濃厚なシーンは)家に持ち帰ってくださいね」とあいさつし、場内は大盛り上がり。

 また、櫻井は「今回のグリフィスは栄光と転落が描かれています。収録は大変でしたが、役者としてはやりがいもあり楽しかった。転落した彼の心の部分は、(出来上がった映像を)自分が客観的に観てもショックを受けました」と役への思いを語った。

 その櫻井から「今日もカッコいいね」と振られたガッツ役の岩永の本職は俳優。それだけに「声だけで、ここまで(感情を)表現できる声優さんは本当に尊敬できます」と共演陣への称賛を惜しまなかったが、劇中のシーンの話になると「100人斬りのシーンは1万キロカロリーぐらい消費した感じ。一斬り、一斬りの中にガッツの憎しみや悲しみなど心の叫びを表現しました」と見どころをガッツさながらの熱血さでアピールしていた。

 一方、キャスカ役の行成も「いろいろな顔をキャスカが見せてくれたので、わたしなりに精いっぱい演じました。この役を通じて、きれいに演じるだけではなく、がむしゃらにやることを学びました」と語ると、監督からOKが出たシーンも、自らやり直しをお願いしたというエピソードを披露。この作品に対する思い入れの深さを感じさせた。

 本作は20年以上も連載が続いている三浦建太郎の人気コミックの世界観をすべて映像化する“ベルセルク・サーガプロジェクト”企画として制作された劇場版3部作の第2弾。「鷹の団」メンバーたちがドルドレイ要塞攻略に挑む姿を描く。(磯部正和)

『ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 23日
  5. 人気声優・櫻井孝宏、豊崎愛生との濃厚なベッドシーンに「妙な雰囲気になっていませんか?」