シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ハリソン・フォード、がん摘出手術を受けていた 命に別状はなし

ハリソン・フォード、がん摘出手術を受けていた 命に別状はなし
フォースの御加護があらんことを… - ハリソン・フォード - Florian Seefried / Getty Images

 俳優のハリソン・フォードが、基底細胞がんの摘出手術を受けたことを明らかにした。命に別状はないとしている。

 W.E.N.Nによると、今年70歳のハリソンは最近、基底細胞がんの摘出手術を受けたとのこと。基底細胞がんは、皮膚がんで最も発生頻度の高いものといわれていることもあり、一部では悪性腫瘍を患っていると報じられたが、代理人はこれを否定。結果として摘出されたのは、非がん性の腫瘍だったという。

 今なお俳優として精力的に活動しているハリソンは、2010年に「アリー・myラブ」で知られる22歳年下の妻キャリスタ・フロックハートと結婚。代理人は、ハリソンの健康状態には全く問題がないとの声明を発表している。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 25日
  5. ハリソン・フォード、がん摘出手術を受けていた 命に別状はなし