シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米脚本家組合賞 映画部門ノミネーションが発表

全米脚本家組合賞 映画部門ノミネーションが発表
やはりここでもノミネート! - 映画『リンカーン』 - (C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX

 2013年全米脚本家組合(WGA)賞の映画部門のノミネーションが発表され、すでに賞レースでおなじみの映画『ゼロ・ダーク・サーティ』『リンカーン』『世界にひとつのプレイブック』などがノミネートされた。

 受賞者は2月17日に発表され、授賞式はニューヨークとロサンゼルスの両方で行われる。2013年全米脚本家組合賞のオリジナル脚本賞と脚色賞のノミネート作品は下記の通り。(澤田理沙)

オリジナル脚本賞
『フライト』
『LOOPER/ルーパー』
『ザ・マスター』
『ムーンライズ・キングダム』
『ゼロ・ダーク・サーティ』

脚色賞
『アルゴ』
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
『リンカーン』
『ザ・パークス・オブ・ビーイング・ア・ウォールフラワー(原題) / The Perks of Being a Wallflower』
『世界にひとつのプレイブック』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 7日
  5. 全米脚本家組合賞 映画部門ノミネーションが発表