シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

石原慎太郎は演技がヘタ!「でもカットすると問題になるので…」と監督が明かす

石原慎太郎は演技がヘタ!「でもカットすると問題になるので…」と監督が明かす
石原慎太郎衆議院の話題で盛り上がった矢柴俊博、前田亜季、勝野洋、新城卓監督(左から)

 石原慎太郎衆議院議員が原作・企画・製作総指揮を務めた映画『青木ヶ原』の初日舞台あいさつが12日に都内で行われ、出演者の勝野洋、矢柴俊博、前田亜季、新城卓監督が、この日欠席した石原衆議院議員の話題で盛り上がった。

 本作は、石原衆議院議員の短編集「生死刻々」(文藝春秋)の中の一編を映画化した純愛ドラマ。山梨県の青木ヶ原樹海を舞台に、家庭がある男性と独りきりの女性の悲恋を描く。石原衆議院議員本人も都知事役でスクリーンに登場している。

 石原衆議院議員と今作が3度目のタッグとなる新城監督は「石原さんは口が悪いけどケチではないし、根本的には優しい人。今回は石原さんから『一点も曇りのない、純愛映画を撮ってほしい』と言われて作った作品。自分で撮ってみたらと言ったら『オレは忙しい。次は自分も参加するけど今回はお前がやれ』と言われました」と当時のやりとりを振り返った。また、石原衆議院議員の演技について「ヘタですね。でもカットすると問題になるので、しょうがないから使ったようなものです」などと率直に語り、本人との仲の良さをうかがわせた。

 一方、幽霊を演じた矢柴も石原衆議院議員について「初めてお会いしたとき、あいさつより先に『お前、本当に幽霊みたいだな』と言われました(笑)。『来たな、石原節!』と思いましたね」と笑い、会場を沸かせた。

 そのほか、薄幸なヒロインを演じた前田は「この作品は生と死がテーマで、重たいものではあるけれど、自分の生き方を見つめるきっかけを与えてくれた作品になりました」と初々しくコメント。人の良さが災いして幽霊につきまとわれる主人公を演じた勝野は「(ロケ地の)青木ヶ原は本当に空気がキレイで、好きな役者さんたちと共演できて良かった。(ガレッジセールの)ゴリさんの芝居がうまくてびっくりしました。自分はこの映画のテーマを『生きる尊さ』ととらえている。素晴らしい映画です」と作品の出来に胸を張っていた。(古河優)

映画『青木ヶ原』は有楽町スバル座ほか全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 12日
  5. 石原慎太郎は演技がヘタ!「でもカットすると問題になるので…」と監督が明かす