シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

黒澤明監督ら、米脚本家組合功労賞受賞!

黒澤明監督ら、米脚本家組合功労賞受賞!
故・黒澤明監督 - Photo:KURITA KAKU/GAMMA/Eyedea Presse/AFLO

 故・黒澤明監督を含む日本の脚本家4名が、西部全米脚本家組合(WGAW)より、功労賞にあたる「ジャン・ルノワール賞」を授与されることが明らかになった。

 今回、「ジャン・ルノワール賞」を受賞することが決定したのは、黒澤監督のほか、故・菊島隆三氏、故・小国英雄氏、橋本忍氏。四氏は、黒澤監督の映画『椿三十郎』、『天国と地獄』、『赤ひげ』で共同で脚本を手掛けたほか、菊島氏、小国氏、橋本氏、それぞれに多数の黒澤作品で脚本に携わっている。

 西部全米脚本家組合副会長のハワード・A・ロッドマン氏は、「日本映画の心を脚本に残したことをたたえ、今年の『ジャン・ルノワール賞』を、黒澤明、菊島隆三、小国英雄、橋本忍の四氏に授与することを決定しました。四氏は、さまざまな組み合わせで協力し、とても多くの傑作を生み出してきました。その映画は、日本の文化に影響を与え、われわれに多くの感動を与えてきました」とコメントしている。

 「ジャン・ルノワール賞」は、映画の文学性を高め、脚本業に貢献した国際的脚本家に贈られる賞。授賞式は、現地時間2月17日にJW Marriott Los Angeles L.A. LIVEにて行われる。(編集部・島村幸恵)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 25日
  5. 黒澤明監督ら、米脚本家組合功労賞受賞!