シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マイケル・ダグラスとダイアン・キートン共演映画を、ロブ・ライナー監督がメガホンを取ることに!

マイケル・ダグラスとダイアン・キートン共演映画を、ロブ・ライナー監督がメガホンを取ることに!
ロブ・ライナー監督 - Allen Berezovsky / Getty Images

 マイケル・ダグラスとダイアン・キートンが共演する話題作『アンド・ソー・イット・ゴーズ(原題) / And So It Goes』で、当初監督する予定だったP・J・ホーガンに代わって、ロブ・ライナー監督がメガホンを取ることがShowbiz411によって明らかになった。

 本作は、ロブ・ライナー監督の製作会社キャッスル・ロック・エンターテインメントが製作する予定で、映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』のP・J・ホーガン監督が降板し、もともとプロデューサーとしても関わる予定だったロブ・ライナー監督が代役を務めることになったようだ。

 そのストーリーは、マイケル・ダグラス演じる自己中心的な男オーレンが、疎遠になっていた息子が刑務所に入れられたことで、会ったこともない黒人の孫娘を彼が預かることになる。困惑したオーレンは、人の良い隣人リーの助けを得ているうちに、彼女と恋に落ちるという設定だそうで、どこか実のマイケル・ダグラスと息子キャメロンの設定と似ているところが興味深い。

 撮影は、春に行われることになっているが、その日程はまだ明かされていない。映画『アメリカン・プレジデント』でタッグを組んだロブ・ライナーとマイケル・ダグラスが、今度はどのような映画に仕上げてくるのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 10日
  5. マイケル・ダグラスとダイアン・キートン共演映画を、ロブ・ライナー監督がメガホンを取ることに!