シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大泉洋、濃厚なラブシーン秘話にタジタジ!

大泉洋、濃厚なラブシーン秘話にタジタジ!
大泉洋と松田龍平 - 写真:奥山智明

 大ヒットを記録した映画『探偵はBARにいる』の続編『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』の大泉洋と松田龍平が、前作よりもさらにパワーアップした本作の撮影を振り返った。

 映画『探偵はBARにいる』は作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を、テレビドラマ「相棒」シリーズの橋本一監督が映画化。2011年に公開されるや、ハードボイルドな探偵「俺」とマイペースな相棒・高田のコンビが人気を集めた作品だ。待望のシリーズ第2作となる本作では、“俺”と高田が、尾野真千子演じる男勝りなヒロイン・河島弓子と共に北海道を痛快に暴れ回る。

 約2年ぶりの共演となった大泉と松田だが、現場ではすぐに2年前の感覚を取り戻せたという。松田との再会について、大泉は「普段はなかなか会う機会がないんですが、この映画があるから龍平くんにまた会うことができる。撮影の間は、いつも一緒にいて、彼の独特な空気感にどっぷり浸かれることが最高です」とニッコリ。松田も「すごい安心感がありますね。久しぶりにお会いするのに、そのブランクを感じることもなくて、どこかほっとしています」と大泉への信頼はバッチリのようだ。

 前作でのインタビューで、「高田に熱いラブシーンをしてほしい!」とリクエストをしていた大泉だが、なぜか本作では探偵本人が、人気グラドル・麻美ゆまと強烈なラブシーンを展開。「俺は『高田に』って言ったのに、まるで俺がリクエストしたみたいになっちゃって困るんです」と言う大泉に、松田が「でもあのシーン、ト書きだと数行でしたが4時間ぐらいかかりましたよね。僕、何かすごく待たされたんですよ」とボソリ。

 思わぬ反論にタジタジになりながら大泉が「次は君の番だ! 高田が乱暴なエロスに挑戦する」と笑いながら言うと、松田はクールに「絶対ないね」と返すなど、まるでスクリーンの中からそのまま飛び出したような名コンビぶりを見せていた。

 ハードボイルド色全開だった前作に比べ、本作には探偵と高田の軽快な掛け合いも満載。思わず笑えてしまう二人の独特な間も、大泉と松田だからこそできたのだろう。アクションシーンと共に、笑える要素もあり、痛快なエンターテインメントをぜひ楽しみにしてもらいたい!(編集部・森田真帆)

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は5月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 12日
  5. 大泉洋、濃厚なラブシーン秘話にタジタジ!