シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

岡田准一『永遠の0』がV4!『トリック』最終章は初登場2位!【映画週末興行成績】

岡田准一『永遠の0』がV4!『トリック』最終章は初登場2位!
『永遠の0』強し! 『トリック』最終章も大ヒットスタート! - (C) 2014「トリック劇場版 ラストステージ」製作委員会

 興行通信社が14日に発表した全国映画動員ランキングでは、『永遠の0』が4週連続で1位を獲得した。土日2日間の成績は動員36万3,510人、興行収入4億6,754万50円。累計成績は動員357万327人、興収44億735万1,150円となり、興収50億円超えも期待されている。

 2位には人気シリーズ最終作『トリック劇場版 ラストステージ』が初登場。全国314スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員24万6,099人、興収3億3,165万7,900円。祝日の13日を合わせた3日間では動員37万9,178人、興収5億147万5,200円となった。客層の男女比は53対47。年齢別では20代31.1パーセント、40代21.5パーセント、30代17.3パーセント、50代14.5パーセント、16~19歳9.7パーセントと幅広い年代に訴求。鑑賞動機としては「『トリック』シリーズが好き」92.8パーセント、「完結編だから」40.8パーセント、「キャストが好き」24.6パーセントと続いた。

 シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガー共演の『大脱出』が3位に初登場。全国300スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員13万3,344人、興収1億6,024万5,600円。40代以上の男性・夫婦を中心に若年層も集客している。

 公開6週目の『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』は4位で、累計動員330万4,580人、累計興収38億9,485万4,900円。公開5週目の『ゼロ・グラビティ』は5位。妻夫木聡主演の『ジャッジ!』は6位に初登場。全国253スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員7万2,526人、興収9,369万6,300円。

 公開5週目の『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は7位で、累計動員123万6,615人、累計興収14億7,526万4,650円。『プレーンズ』は8位。公開3週目の『劇場版HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION-』は9位で、累計動員は60万9,106人、累計興収は7億2,299万9,750円。公開5週目の『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』は10位。公開8週目の『かぐや姫の物語』は11位。累計動員177万1,596人、累計興収21億2,196万8,550円となった。

 今週末は『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ』『黒執事』『エンダーのゲーム』『バイロケーション』『ほとりの朔子』『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』『ビフォア・ミッドナイト』『MUD -マッド-』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 15日
  5. 岡田准一『永遠の0』がV4!『トリック』最終章は初登場2位!