シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『寄生獣』ミギー役は阿部サダヲ!

『寄生獣』ミギー役は阿部サダヲ!
ついに明らかになったミギー役! - (C) 映画「寄生獣」製作委員会

 岩明均の大ヒット同名漫画を二部作で実写化する映画『寄生獣』で俳優の阿部サダヲがミギー役を務めることが明らかになった。阿部は全身にモーションキャプチャースーツ、頭部にはヘッドマウントカメラを装着する「パフォーマンスキャプチャー撮影」に挑み、ミギーの声だけでなく、動きや表情も演じている。

 原作は「月刊アフタヌーン」(講談社)にて連載され、累計1,100万部を突破している人気漫画。ある日謎の寄生生物(パラサイト)が到来した世界を舞台に、高校生・泉新一(染谷将太)と右手に寄生したパラサイト・ミギーの奇妙な共生生活を描いている。

 以前から原作を読んでいたという阿部は「声だけでなく、モーションキャプチャースーツを着て動きも演じると聞いた時からドキドキし始めました(笑)。もともとそんな撮影をするって知らなかったんです。(最初は)いけるなって思ったんですけどそうでもなかったです(笑)」とコメント。

 「みんなが撮影を始める前に自分だけ撮影が始まったので、孤独でした。染谷君だけいてくれて一度テストで合わせるけど、本番になるといないんです。(モーションキャプチャ用の)カメラが自分の周り至る所にあるので、誰も中に入ってこられなくて……。でも実際に動くミギーを見て、少し孤独ではなくなりました。自分が演じているのに、ミギーを見ると『いいぞ!』って思える。(自分の)子供じゃないけれどすごく愛おしいんですよ」(原文ママ)と語った。

 共演した染谷は「撮影に入る前に声録りとミギーの動きのモーションキャプチャーを阿部さんと一緒に作りました。それを土台にして現場で自分とミギーの大冒険を作りました。CGとのお芝居ではあったのですがデジタルという素材に生を吹き込んでいただけたおかげで現場であたかもミギーとお芝居をしている感覚になりました。自分にはミギーが見えてました」と阿部の演技を絶賛した。

 主演の染谷をはじめ、深津絵里、橋本愛、東出昌大、ピエール瀧、新井浩文、浅野忠信ら豪華俳優陣が顔をそろえた本作。『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』などでCG表現に定評のある山崎貴監督がメガホンを取った。今回発表されたミギーはファンの間で人気の高いキャラクターであるだけに、実写映画化発表当時から誰がその声を務めるのか注目されていた。なお、しゃべるミギーの姿は22日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)内で放送される特別映像で公開される。(編集部・吉田唯)

映画『寄生獣』は11月29日より全国東宝系にて公開
映画『寄生獣 完結編(仮)』は2015年に公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 22日
  5. 『寄生獣』ミギー役は阿部サダヲ!