シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

村上虹郎と早見あかり初共演作がクランクアップ!2週間の灼熱ロケを振り返る

村上虹郎と早見あかり初共演作がクランクアップ!2週間の灼熱ロケを振り返る
『忘れないと誓ったぼくがいた』場面写真

 歌手・UAと俳優・村上淳の息子で、河瀬直美監督による第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出作品『2つ目の窓』の主演として鮮烈な俳優デビューを飾った村上虹郎と、『百瀬、こっちを向いて。』で映画初主演を果たした女優の早見あかりが、8月末にクランクアップを迎えた最新作『忘れないと誓ったぼくがいた』の撮影を振り返った。

 本作は、真木よう子主演の『ベロニカは死ぬことにした』などで知られる堀江慶監督が、日本ファンタジーノベル大賞受賞作家・平山瑞穂の同名小説(新潮文庫刊)を映画化。会った数時間後に人の記憶から消えてしまう少女と、彼女に一目ぼれした少年の恋模様を描く、青春ファンタジックラブストーリー。

 連日30度以上の暑さの中での、2週間という弾丸ロケを振り返った村上は、「本当にあっという間で、日々かけらを一つ一つ拾っていきました」と独特な言葉で表現。「始まったら終わるし、集まったら離れる。その繰り返しにまだ慣れず……」と話すとおり、本作が2作目となる村上にとって、いまだ映画の現場は新鮮なようだ。また、同じ誕生日で、魚座、A型と共通点も多い早見については「あかりんとの出会いにはまた強い縁を感じます。たかが2週間だけど、濃い時間を共にしてファミリーになっていく。それでも彼女の印象は、初めて会った時に感じたものと変わらないのです。関わるほど、ただ似ていることが判明していくだけ」と語る。

 一方の早見は、「あっという間に駆け抜けた気がします。とても楽しく、とても悩んだ2週間でした。複雑な役柄でしたが、表現することができていたらいいなと思っています。正直オールアップした今も不安だらけですが、来年作品が公開された時に、何かを感じ取ってもらえたらうれしいです」と撮影を述懐。村上についても「お互いのことを知れば知るほどよく似ていて、双子の弟ができたようです」と話すとおり、撮影中も息はぴったりだったよう。

 撮影現場では、差し入れのフルーツを頬張りながら、天真爛漫(らんまん)に現場ではしゃいでいた二人はまるで仲のよい姉と弟。だが、監督の声が掛かると一気に役者の顔に変わり、二人の間には不思議な空気が流れだす。そんな二人の一瞬一瞬を切り取った堀江監督は「今しかない夏を走り抜けた印象です。『今』にこだわっていたような気がします。昨日よりも今日、この瞬間に感じたことを映画に残そうと。それは何よりも10代の主演二人が、今を生きる二人だったからだと思います。17歳の村上虹郎、19歳の早見あかりの『今』を撮影できたことを心から誇りに思います」とコメントした。撮影を重ねるごとに演技力も魅力も増していった二人が演じる恋模様に、期待は高まるばかりだ。(編集部・森田真帆)

映画『忘れないと誓ったぼくがいた』は2015年全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 4日
  5. 村上虹郎と早見あかり初共演作がクランクアップ!2週間の灼熱ロケを振り返る