シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リドリー・スコット監督 弟トニー・スコットさんの死について語る

リドリー・スコット監督 弟トニー・スコットさんの死について語る
(左から)リドリー・スコット監督と弟トニー・スコットさん - Jason Merritt / Getty Images(左)Julien M. Hekimian / Getty Images(右)

 脳腫瘍を患い、2012年8月に自殺で亡くなったトニー・スコットさんの死について、兄のリドリー・スコット監督が初めてインタビューで語ったという。

 「トニーの体調が悪化したとき、これまで以上に密に接しなければならないと感じたのを覚えている。友達だった弟が恋しいよ。彼ががん治療を受けている最中も誘い出したものだよ。『化学療法なんてくそくらえだ。ウォッカマティーニでも飲もうぜ』と言って彼を飲みに連れ出した」とスコット監督はVarietyに語っている。

 今年12月に新作『エクソダス:神と王』が封切られるスコット監督は、この映画をトニーさんに捧げている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 28日
  5. リドリー・スコット監督 弟トニー・スコットさんの死について語る