シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Hey! Say! JUMP 中島裕翔、ジャニーズアイドルとして目指す俳優像『ピンクとグレー』撮影現場

Hey! Say! JUMP 中島裕翔、ジャニーズアイドルとして目指す俳優像『ピンクとグレー』撮影現場
撮影中に話し合う菅田将暉と行定勲監督 - (C) 2016「ピンクとグレー」製作委員会

 NEWSの加藤シゲアキの処女小説を Hey! Say! JUMP の中島裕翔主演、行定勲監督で映画化した『ピンクとグレー』の撮影現場が報道陣に披露された。

 中島のほか、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥ら豪華俳優陣の共演も話題を呼んでいる本作。人気俳優・白木蓮吾(中島)の急逝によって一躍世間の注目を浴びるようになった売れない俳優・河田大貴(菅田)が、突然の名声に葛藤しながらも白木の死の真実を追うさまを、小説では描かれなかったエピソードを交えて描き出す。

 この日、報道陣に披露されたのは、白木が主演する映画の舞台あいさつのシーン。大勢のカメラマンが集まる中、隣にいる女優・香凛とほほ笑みあう白木。その華やかな様子が、売れない俳優・河田が置かれた境遇との対比を際立たせる……という意味合いを持つシーンだ。中島も「この映画は芸能界がテーマ。僕自身もその世界を知っているからこそ、どこまでリアルな部分を出していいのか悩みました」と振り返る。

 本作のメガホンを取った行定監督と中島は初タッグ。中島は「普段はとても気さくな方なんですが、撮影現場に入るとアーティスティックで、独特の存在感がありました」と行定監督の印象を語り、「行定さんは、一度、僕の演技を見てから(それをもとに)軌道修正してくれるタイプの演出家。すごく勉強になりました」と初主演映画となった今作の撮影を通じて、多くのことを学んだという。

 さらに、今後の目標は「ジャニーズっぽくない役者になりたい」と明かした中島。「お芝居のときは、ジャニーズの中島裕翔ではなく、そういえば中島裕翔ってジャニーズだったんだねと言われるようになりたい。特に岡田(准一)くんを見ているとそう思います。この人がジャニーズにいるんだと思うとすごくうれしいし、自分もいつかはこうなりたいと励みになります」と笑顔を見せ、「僕のベースは Hey! Say! JUMP。でも、お芝居のときはアイドルのイメージをどれだけ払拭(ふっしょく)できるかだと思うんです。役者さんと同じ土俵に立つにはやっぱり役者にならなきゃならない。そこに向かって一歩ずつ歩いていきたいです」と力強く付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ピンクとグレー』は2016年1月9日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 21日
  5. Hey! Say! JUMP 中島裕翔、ジャニーズアイドルとして目指す俳優像『ピンクとグレー』撮影現場