シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

樹木希林、孫娘・内田伽羅の奮闘をたたえる

樹木希林、孫娘・内田伽羅の奮闘をたたえる
(左から)内田伽羅、樹木希林、永瀬正敏

 女優の樹木希林が6日、都内で行われた映画『あん』の完成披露試写会に永瀬正敏、内田伽羅、河瀬直美監督、原作者のドリアン助川と出席し、孫娘でもある内田との共演エピソードを語った。

 同作は『殯(もがり)の森』などの河瀬監督が樹木を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女・徳江(樹木)が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主(永瀬)や店を訪れる女子中学生(内田)との人間模様が描かれる。

 是枝裕和監督の『奇跡』で出演しているものの、本作で本格共演を果たした樹木と内田。ドキュメンタリーのような撮影方法をとる河瀬監督の現場だけに、樹木は「お昼のときもあまり親しくならないよう側にいかないようにしていて、共演って感じはしませんでした」と距離感を大事にしていたことを明かす。すると内田は、「仕事をしている祖母の姿を見るは初めてでしたが、あまりに普段と変わらずいつも率直でとても祖母らしいと思いました。逆に家族としてよく知っているので、目の前でお芝居をするのが少し恥ずかしかったです」と初々しく振り返った。

 さらに、内田は「具体的なアドバイスはなかったですけど、台本で読めない漢字とかがあればそれだけ教えてもらっていました」と現場でのほほ笑ましい一コマを振り返り 、試写を観た父・本木雅弘からは「すごく頑張ったね。自然にお芝居ができて良かった」と褒められたこともうれしそうに語った。

 そんな内田について、河瀬監督は「粘り強くて、目力や存在自体がしっかりしていて、サラブレッドだなって感じました」と絶賛。樹木とのやりとりについて「(台本の)言葉で説明すると実際に理解するまで時間がかかるところは、(樹木が演じた)“徳江さん”というくらいの立ち位置で(内田を)見守り、誘導しておられたのかなとは感じておりました」と感想を語った。樹木も、河瀬監督に「こういう気持ちを感じてほしい」と言われた内田に対して「感じたの?」と尋ねると、内田が「それはわかるけどどう表現していいかわからないです」と困惑していたことを明かし、「大変だっただろうな」と撮影当時14歳だった内田の奮闘ぶりをたたえていた。(中村好伸)

映画『あん』は5月30日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 6日
  5. 樹木希林、孫娘・内田伽羅の奮闘をたたえる