シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

鳥居みゆき、斎藤工は「妖怪壁ドン男」

鳥居みゆき、斎藤工は「妖怪壁ドン男」
鳥居みゆきのペースにタジタジだった斎藤工

 4日、映画『虎影』の大ヒット舞台あいさつが新宿武蔵野館で行われ、斎藤工、鳥居みゆき、西村喜廣監督が出席。ステージでは鳥居の個性的な世界観がさく裂し、斎藤を「妖怪壁ドン男」と呼んでいることを明かしたり、顔合わせ時のエピソードでは「銀杏をむいてくれて、今考えたら『わたしの銀杏をむいた斎藤工』ってフレーズエロいな」と話すなど、司会者も戸惑うような脱線トークで会場を沸かせた。

 本作は斎藤が主演を務めた忍者アクション。かつて最強の忍者と称された主人公・虎影が、隠し財宝のありかをめぐる争いに巻き込まれ、人質にされた息子を取り戻すため再び刀を手に取る姿を描く。

 斎藤と鳥居は今回初共演で、斎藤の印象について鳥居は「現場ではすごく気を使ってくれていて優しかったです。よくいたじゃん、クラスになじめないからこの子仲間に入れてあげて、みたいな。わたしがなじめていないんじゃないかみたいなふうに扱ってくれて、ちょっとみじめでした」と鳥居らしい表現で感謝。

 一方の斎藤も、敵のくノ一をセクシーに演じた鳥居について「西村組の鳥居さんを逆に見てみたかったなというのがありました」と興味があったことを振り返り、「鳥居さんにしか演じられないくノ一になっていて、すてきだなと思いました」 と魅力をアピールした。

 西村監督も「めちゃくちゃきれいですよね」と褒めると、鳥居は「やめてよ」と照れくさそうな素振りを見せつつ、「インスタとかやり始めて、あげたらすぐネットニュースに載るからちょっとやめようかなと思ってる。バカにされるんだもん『きれい』とか」とポツリ。一瞬不思議そうな空気が流れるも、西村監督が「(『きれい』は)侮辱の言葉だもんね」と心中を説明すると、斎藤も「そうなんだ」と納得していた。(中村好伸)

映画『虎影』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 4日
  5. 鳥居みゆき、斎藤工は「妖怪壁ドン男」