シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

向井理「磁石男」続編が今秋放送決定

向井理「磁石男」続編が今秋放送決定
(左から)りょう、向井理、相武紗季、松岡茉優

 2014年6月に放送された向井理主演のドラマ「磁石男」の続編が今秋に放送されることが決定。現在、長野県で撮影中の向井、相武紗季、りょう、松岡茉優らが意気込みを語った。

 向井がふんするのは、人を一目見ただけで、その人に相性ピッタリな相手を見つけることができるという超人的な才能の持ち主、“磁石男”こと大庭壮介。続編となる本作では、晴れて壮介と付き合うことになった小日向しおん(相武)だが、お互いにすれ違ってばかりで、悩みはつきない……。今回の続編について相武も「前作の撮影が楽しくて。もう一回できればいいなと思っていたので良かった」と笑顔。「長野の自然の中で撮影できるのも楽しいですね」と続けた向井は、「こういう変なキャラクターをやることはあまりないですからね。コミカルな作品は自分たちが楽しまないと伝わらない。楽しんでいこうと思います」とコメントした。
 
 今回は個性豊かな新キャラクターも続々と登場する。美人なのに男性に逃げられてしまう超重たい女・大島マリ子(りょう)。スキンシップやリップサービスも満点な帰国子女の佐伯渉(桐山漣)。しおんに敵意むき出しの北島あゆみ(松岡)。りょうも「マリ子は強烈だけどすごくピュアな心を持った女性。台本を読んですぐにこの役をやらせてもらいたいと思いました」とコメント。一方の松岡も「コミカルでキャッチーでグサグサと突き刺さる言葉がこれでもかと詰め込まれたドラマ。わたしが配役されたあゆみもなかなか曲がった人で、演じるのが楽しみ」とこれからの撮影に期待を寄せた。

 そして今回も壮介の毒舌キャラは健在だ。「普段、なかなか言えないことなので、爽快感があります。ただ、(冒頭で毒舌をかまされる)磯山さやかさんから(演技でも)ムカつくと言われて。そりゃそうだよなと。でも相手をムカつかせないといけない役ですからね」と笑ってみせる。さらに「監督が(青柳翔ふんする幼なじみと一緒に入る)風呂のシーンが好きだったみたいで。今回は増加しています」と見どころを語る向井。「裸で男の子がキャッキャと遊んでいる感じで楽しめました。ここまでやって大丈夫かなと思いましたけど、監督がオッケーと言っているんだから、いいんだろうなと思って」と付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

ドラマ「磁石男2015」は今秋、日本テレビ系列にて放送予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 20日
  5. 向井理「磁石男」続編が今秋放送決定