シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

本郷奏多、演技中にアスベストの心配

本郷奏多、演技中にアスベストの心配
独特の口調で笑いを誘った本郷奏多

 俳優の本郷奏多が7日、都内で行われた映画『シネマの天使』の初日舞台あいさつに藤原令子、及川奈央、石田えり、時川英之監督と共に出席。本郷は「取り壊す直前というか、取り壊し最中の『大黒座』で撮影したんですが『これってアスベストとか、使っていないのかな? でも122年前の建物ならアスベスト自体がまだないか』とか思いながら演っていましたね」と独特の口調で笑いを誘いながら、撮影を振り返った。

 本作は、去年8月、122年の歴史に幕を下ろした広島県福山市の映画館「シネフク大黒座」の最後の姿を映したヒューマンドラマ。閉館が決まった老舗映画館「大黒座」の新入社員・明日香(藤原)と、いつか自分の映画を作りたいと夢見るバーテンダーのアキラ(本郷)、映画館に現れる謎の老人(ミッキー・カーチス)ら、同劇場をめぐる人生模様がハートウォーミングに描かれる。『ラジオの恋』の時川英之監督の長編映画第2作。

本郷奏多
花粉症なんだけど…本郷奏多、石田えり

 「今は(健康面で)何の問題もないので大丈夫です」と続けた本郷に、進行役も思わず「そっちか」とツッコミを入れ、さらに「撮影途中で(館内の)手すりがひん曲がったり、壁が落ちたりと、みるみる劇場の姿が変わっていった。映画は100年残るといわれますが、大黒座は122年の歴史プラス(本作でさらに)100年残るわけで……。うまいこと言おうとしたら、ダメになりました。映画に関わるお仕事をさせてもらって、自分の仕事に自信の持てる作品になりました」と語った本郷は、最後は満足そうな表情を浮かべた。

 また、今月9日と15日は、それぞれ石田と本郷の誕生日ということで、この日は二人に、出演者から大黒座の歴史にちなんだ合計122本のバラの花束がプレセントされた。バラを受け取った本郷は「僕、花粉症なんだけど、祝ってもらってうれしいです」とはにかんでいた。(取材:岸田智)

映画『シネマの天使』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 7日
  5. 本郷奏多、演技中にアスベストの心配