シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

『昼顔』(1967年)監督:ルイス・ブニュエル 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ:第32回【名画プレイバック】(1/3)

『昼顔』(1967年)監督:ルイス・ブニュエル 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ:第32回
ドヌーヴが昼の間だけ娼婦になる人妻を演じる映画『昼顔』 - (C)Allied Artists / Photofest / ゲッティイメージズ

 鬼才・ルイス・ブニュエルが、1928年にジョセフ・ケッセルが発表した同名小説を映画化したフランス=イタリア合作映画『昼顔』(1967)。『シェルブールの雨傘』(1964)でブレイクした当時24歳のカトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎え、現実と幻想、妄想が入り交じるエロティシズムにあふれたブニュエル印の異色作だ。(今祥枝)

 若く美しい人妻セヴリーヌ(ドヌーヴ)は、イケメンで裕福な医師の夫ピエール(ジャン・ソレル)と仲良く暮らしている。ただ一つの問題点は、セヴリーヌが不感症であるということ。夜の営みを“人並み”に送ることができないことで、セヴリーヌは“寛大で優しい”夫に対して罪悪感を抱いている。意を決して、セヴリーヌは究極の荒療治ともいうべき手段に出る。夫の友人アンリ(ミシェル・ピッコリ)から聞いた街にある秘密高級売春宿「アナイスの館」で、昼間だけ“昼顔”と名乗って働くことにしたのだ。最初は尻込みするも、あっという間に1番の売れっ子になり不感症は克服されていく。だが、客の一人で犯罪者の青年マルセル(ピエール・クレマンティ)が、セヴリーヌに入れ込み過ぎて娼婦を辞めるが悲劇的な事件が起きてしまう……。

 セヴリーヌが夢想する非現実世界は、現実の延長のように唐突に挿入されるので、観ているうちにどれが現実でどこまでが夢想なのか混乱する。この現実と夢想の境界線は、バルドーと呼ばれる、それぞれに幌がついた向かい合わせで2人ずつ座る馬車と鈴の音に象徴される。冒頭、仲良さげに走る馬車で会話をする夫婦。「愛してる」と言いながらも、「ただ一つの欠点=不感症を除いては」と言い放つピエールに対して、困惑と罪悪感をあらわにするセヴリーヌ。その後、夫の命令により、夫の目の前でセヴリーヌは木に縛り付けられ、むき出しの背中を鞭打たれ、見知らぬ御者に陵辱されるのだが、ふと我に返るとベッドの中にいるといった具合だ。

 映画では断片的に、子供の頃に彼女が中年の配管工に体を触られたなどのトラウマが描かれる。この体験から、恐らくセヴリーヌは意識的なのか無意識なのかはわからないが性を“汚らわしいもの”とし、自分の欲望に蓋をしてしまったのかもしれない。これは女性としては全くもって理解できるのだが、抑圧された分、セヴリーヌの欲望は前述のような夢想の形であらわれるほどに強い。ある夢想から判断するに、セヴリーヌは拒みながらも、どこかで自分を快楽へと導いてくれる存在を求めているのは明らか。正しき夫ピエールは、やめてと言われると大人しく引き下がる紳士で、一般的に言えばそれは大変好ましい。だが、セヴリーヌの清潔さ、清廉さを自分の欲で汚してはいけないという、完璧に美しい妻への夫の幻想なのかもしれないと思うと、この夫婦の決定的な噛み合わなさを露呈している気もする。本音でぶつかり合うこともなく、お互いを罵倒することもなく、お互いに気を使い、溝は深まるばかり。性生活のあれやこれやは、現代においても他人にオープンになることは少ないから、余計に厄介な問題である。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 4日
  5. 『昼顔』(1967年)監督:ルイス・ブニュエル 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ:第32回