シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ヤクザ、死刑囚えん罪、水爆実験被害…テレビ局が制作する骨太映画の狙いとは【映画で何ができるのか】(1/4)

ヤクザ、死刑囚えん罪、水爆実験被害…テレビ局が制作する骨太映画の狙いとは
『ヤクザと憲法』(2016年1月2公開)大阪の指定暴力団・二代目東組二代目清勇会(大阪市西成区)にカメラが入り、暴力団排除条例以降の彼らの日常を赤裸々に映し出す。取材中、組員が自動車保険の交渉がこじれて恐喝未遂で逮捕され、組がガサ入れされる瞬間も! 土方宏史監督。ポレポレ東中野ほか全国順次公開中。 - (C)東海テレビ放送

 大作映画で劇場が埋め尽くされる年末年始。そんな中、果敢にタブーに切り込んだ4作品がミニシアターで気を吐いている。

 米国が行った水爆実験の真相に迫る『放射線を浴びたX年後2』、暴力団事務所に密着した『ヤクザと憲法』、司法にメスを入れる『ふたりの死刑囚』、そして福島第一原発事故に翻弄された人々の“今”を描いた『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』。いずれもテレビ局が制作した作品だ。

 東京の地上波のドラマが、自由な番組作りを目指して動画配信や衛星放送へと重心を移す中、通常放送後にさらにバージョンアップしたものを映画館へと送り出している。その狙いは? 関係者に話を聞いた。(取材・文:中山治美)

『ヤクザと憲法』
『ヤクザと憲法』の阿武野勝彦プロデューサー。1981年に東海テレビに入社。アナウンサーを経てドキュメンタリー制作へ。『神宮希林 わたしの神様』(2014公開)など一連の東海テレビドキュメンタリー映画のプロデュースを手がけている。

ヤクザも人間

 『ヤクザと憲法』は、東海テレビ放送(本社・愛知県名古屋市)制作のドキュメンタリー映画8作目となる。取材対象者は、大阪の指定暴力団・二代目東組二代目清勇会。1991年に制定公布された暴力団対策法によって、あの東映ですら任侠映画路線から撤退。さらに暴力団排除条例が各都道府県で施行され、メディアで取り上げられる機会もめっきり減っているだけに、東海テレビは怖い者知らずかと驚いた人も多いだろう。 土方宏史監督と制作しながら考えたのは、それでも彼らも人間であるということ。そこに依拠出来ないなら、番組は世に出さないと決めました。でも今回は最初、腰が引けていたのは事実ですけどね(苦笑)」。

 同局制作ドキュメンタリーは、どれも強烈な個性を放っている。主な作品は、1980年代に生徒の死亡や行方不明事件を起こした戸塚ヨットスクールのその後を追った『平成ジレンマ』(2011年公開)を皮切りに、和歌山毒物カレー事件や光市母子殺害事件などを担当している安田好弘弁護士の生き様を映し出した『死刑弁護人』(2012公開)、中退した元球児の再生の場に密着した『ホームレス理事長 ~退学球児再生計画~』(2014年公開)など。カメラを向ける相手は世間からバッシングを受けていたり、社会からドロップアウトした人たちだ。

『平成ジレンマ』
『平成ジレンマ』(2011公開)1980年代に世間を賑わせた戸塚ヨットスクール(愛知県知多郡)に密着。体罰などが問題視されたにも関わらず、今も戸塚宏校長のもとには、子育てに悩む保護者が引きこもりやニートの子供たちを連れてスクールを訪れていた。同スクールからかい間見える教育現場の今。齊藤潤一監督(C)東海テレビ放送

天皇陛下からホームレスまで

 大手メディアとは常に真逆の位置からカメラを構え、1つの事件や事象を別角度から検証する。それが同局ドキュメンタリーの特徴であり、映画界でもファンが多い。『ヤクザと憲法』を筆頭に一連の作品をプロデュースした、東海テレビの阿武野勝彦が制作方針を明かす。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 26日
  5. ヤクザ、死刑囚えん罪、水爆実験被害…テレビ局が制作する骨太映画の狙いとは