シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディカプリオ、悲願のオスカー初受賞なるか?本命とされる五つの理由【第88回アカデミー賞】(1/3)

ディカプリオ、悲願のオスカー初受賞なるか?本命とされる五つの理由
オスカー像、今年こそは君を連れて帰るよ - Jason Merritt / Getty Images

 いよいよ日本時間29日に迫った第88回アカデミー賞授賞式。最も注目されているのが、5度目の男優賞ノミネートとなったレオナルド・ディカプリオが悲願の初受賞を果たすのかという点だろう。マット・デイモン(『オデッセイ』)、エディ・レッドメイン(『リリーのすべて』)、マイケル・ファスベンダー(『スティーブ・ジョブズ』(2015))、ブライアン・クランストン(『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)が名を連ねる主演男優部門だが、同業者も、批評家も、ファンも「ついにレオの年が来た!」とディカプリオを大本命と見なしている。

1. ほとんどセリフなし!うめき声のみで表現する大熱演

 ディカプリオが『レヴェナント:蘇えりし者』(監督は第87回アカデミー賞最多4冠『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ)で演じたのは、アメリカ開拓時代、厳しい冬の自然に加え先住民に命を狙われるという過酷な環境で、ガイド役としてハンターの一団と狩猟の旅に出たヒュー・グラス。彼は一人、見張りに出たところを熊に襲われ、見るも無残な瀕死の状態で仲間たちに発見される。動けず意識もほとんどないグラスを連れて山越えをすることは不可能で、彼を疎ましく思っていたフィッツジェラルド(トム・ハーディ)は、同行していた先住民の血を引くグラスの息子を殺害した上、グラス自身も穴に埋めて置き去りにしてしまう……。

 本作で描かれるのは、最愛の息子を殺したフィッツジェラルドへの復讐心のみを胸に穴から這い出て荒野を進むグラスの姿だ。ディカプリオは上映時間2時間37分のほとんどをセリフなしで、グラスの精神の旅でもあるこのサバイバルの道程をうめき声、表情、ボディーランゲージのみで見事なまでに表現している。自然光のみを使うことにこだわったロケは9か月に及び、凍てつく川に流され、木の根を食べ、死んだ馬の体内で眠り、格闘シーンでは本当に鼻を折るほどのめり込んだディカプリオ。彼のパフォーマンスが素晴らしいのはもちろんだが、演じたのが実在の人物であることに加え、体の自由が制限された中でのセリフに頼らない演技はまさにアカデミー賞好みといえる。

レオナルド・ディカプリオ
今年の英国アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を獲得 - Dave J Hogan / Steve Granitz / Getty Images

2. 前哨戦でも断トツの成績!

 ディカプリオはアカデミー賞の前哨戦とされるゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞(SAG賞)、英国アカデミー賞、放送映画批評家協会賞、サテライト・アワードの全てで主演男優賞に輝いており、その強さは他の候補者を寄せ付けないほど圧倒的。中でも会員の多くがアカデミー賞の投票権を持つといわれているSAG賞を初受賞したことで、悲願のオスカー獲得を一層濃厚にした。


【関連情報】

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 28日
  5. ディカプリオ、悲願のオスカー初受賞なるか?本命とされる五つの理由