シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「午前十時の映画祭」まもなく開幕!元タカラジェンヌが映画への情熱語る

「午前十時の映画祭」まもなく開幕!元タカラジェンヌが映画への情熱語る
寺脇康文は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズが大好き!

 「午前十時の映画祭7」の開幕記念イベントが3月31日にTOHOシネマズ日本橋で行われ、同映画祭内で上映される『マイ・フェア・レディ』にちなみ、同作のミュージカル版に出演している元タカラジェンヌの霧矢大夢(きりやひろむ)と真飛聖(まとぶせい)、そして俳優の寺脇康文がゲストとして登壇、華やかな舞台衣装を着て登場した3人は映画への思いを語って会場を盛り上げた。

 2日に開幕する「午前十時の映画祭」は、映画演劇文化協会が主催し、選りすぐりの傑作映画を51週にわたって全国の劇場で連続上映する映画祭。7回目を迎える今回は、全国55の上映劇場をAグループとBグループに分け、名作揃いの全29作品をグループ交互に上映していく。

 7月より再演されるミュージカル「マイ・フェア・レディ」で、ビギンズ教授を演じる寺脇は同映画祭について、「午前10時というのがいいですね。年を重ねた夫婦が一緒に映画を観て、その後一緒に食事をする……。大人の憧れですね」と語る。同ミュージカルでダブルキャストでイライザ役を担当する元宝塚歌劇団の霧矢と真飛は、宝塚に所属していた頃は映画館に行く時間がなかったと振り返りつつ、ともに「これからはたくさん映画を観たい」と映画への情熱を語った。

画像テキスト
舞台衣装を着て登場した真飛聖,寺脇,霧矢大夢

 本映画祭では、今回初の試みとして『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ3本を夏休み期間に一挙上映することになっているのだが、寺脇はこの試みについて、「(同シリーズは)ぼくの生涯No.1作品。シリーズ全部がキレイな画像で大きなスクリーンで観れるなんて最高!」と興奮気味に語っていた。(福住佐知子)

「午前十時の映画祭7」は4月2日~2017年3月24日 全51週間上映 入場料金:一般1,100円/学生500円


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 1日
  5. 「午前十時の映画祭」まもなく開幕!元タカラジェンヌが映画への情熱語る