シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ズートピア』驚異的な伸びでV2!50億円狙う大ヒット【映画週末興行成績】(1/2)

『ズートピア』驚異的な伸びでV2!50億円狙う大ヒット
『ズートピア』がGW後に動員&興収を伸ばす快挙! - (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

 土日2日間(5月14日~15日)の全国映画動員ランキングが16日に興行通信社より発表され、公開4週目のディズニーアニメ『ズートピア』が2週連続で1位を獲得した。

 先週末の成績は、動員35万1,049人、興行収入4億5,893万800円と、ゴールデンウイーク後にもかかわらず前週興収比約119%を記録する驚異的な伸び。累計興収37億2,982万5,900円、累計動員292万1,368人と動員300万人突破も目前で、配給元は「興収50億円突破は確実」としている。

 『武士の家計簿』の原作者・磯田道史の評伝を阿部サダヲ主演で映画化した『殿、利息でござる!』が2位に初登場。308スクリーンで公開され、動員15万9,690人、興収1億9,488万1,200円となった。5月7日から13日にかけて映画の舞台となった宮城県(7館)で先行上映が行われ、動員2万9,199人、興収3,488万3,200円を記録。客層は年配層が中心だが、フィギュアスケーター羽生結弦出演の効果から、若年層の姿も見られるという。評価も高いため今後の口コミにも期待できそうだ。

 『モテキ』『悪人』などの映画プロデューサー川村元気のベストセラー小説を佐藤健主演で映画化した『世界から猫が消えたなら』が3位に初登場。290スクリーンで公開され、動員14万1,691人、興収1億8,470万9,900円を記録した。客層の男女比は31対69で女性が多め。年齢別では、40代が20.9%、20代が25.2%、10代が19.9%と若年層が半数近くを占めた。複数回答可の鑑賞動機としては「キャストが好き」が40.7%、「感動できそう」が36.2%、「猫が好き、登場する猫がかわいい」が30.3%、「原作が好き」が27.1%となった。

 公開5週目の『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』は累計動員426万9,914人、累計興収54億3,286万8,900円と動員400万人を突破。公開5週目の『アイアムアヒーロー』は累計動員98万8,299人、累計興収13億1,901万7,700円と、動員100万人突破が間近となった。

 なお、惜しくもトップ10入りを逃したが、2013年に公開された鈴木亮平主演の『HK/変態仮面』の続編、『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』が13位に初登場。全国53スクリーンで上映され、動員1万9,775人、興収2,881万4,000円となった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 『ズートピア』驚異的な伸びでV2!50億円狙う大ヒット