シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

『パピヨン』(1973年) 監督:フランクリン・J・シャフナー 出演:スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン 第53回【名画プレイバック】(1/4)

『パピヨン』(1973年) 監督:フランクリン・J・シャフナー 出演:スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン 第53回
スティーヴ・マックィーン主演の脱獄モノの傑作『パピヨン』より - (C)Allied Artists / Photofest / ゲッティイメージズ

 『穴』(1960)や『アルカトラズからの脱出』(1979)、『大脱走』(1963)など、実話を基にした脱獄モノに傑作は多い。世界中でベストセラーを記録したアンリ・シャリエールの伝記小説を映画化した『パピヨン』(1973)もまた、孤島の刑務所から驚くほどのしぶとさで何度も脱出を試みた男の、仰天の実話がベース。タイトルを聞けば、瞬時にジェリー・ゴールドスミスの有名なテーマ曲が脳裏によみがえる映画ファンもいるのではないだろうか。(今祥枝)

 スティーヴ・マックィーンとダスティン・ホフマンの2大スター共演という話題性も抜群の本作。マックィーンといえば、『大脱走』のバイクで疾走する爽快なシーンを思い出す人も多いはず。だが、そうしたイメージを想像すると、少し肩透かしを食らうかもしれない。人間性を剥奪された過酷な状況下で、何度も脱獄に失敗し、何年間も独房に入れられてはまた脱獄を繰り返す物語は、孤独に耐え忍ぶ内省的なパートが少なくない。脱獄の痛快さを強調するアドベンチャーアクション的な要素以上に、13年間にもわたって自由を諦めなかった主人公の不屈の魂を描き出すことに重きを置いたアダプテーションからは、自らも赤狩りに抵抗して投獄され、長年にわたり苦難の人生を強いられた脚本家ダルトン・トランボの思いの強さを見て取ることもできるだろう。

 物語は、重罪の宣告を受けた受刑者たちが、フランス政府により強制労働を科せられるため、南米のフランス領ギアナのデビルズ島に送られるところから始まる。その中のひとりに、ケチな金庫破りで捕まり、仲間の裏切りによって殺人の罪を着せられ、胸に蝶の刺青を入れていることから、通称パピヨン(スティーヴ・マックィーン)と呼ばれている男がいた。祖国を追放された彼は、偽札作りの天才で国債偽造で逮捕された服役囚ドガ(ダスティン・ホフマン)に近づく。脱獄するためには、ドガが持っているであろう金が必要だと考えたのだ。一方のドガも、刑務所では腕っ節の強そうなパピヨンが後ろ盾になると思ったのか、パピヨンの話に乗り交渉成立。だが、二人が考えているよりはるかに脱出計画は困難で、しょっぱなから希望を打ち砕くような現実に直面する。

 そもそも、船で通称・地獄島に近づく過程からして、青くどこまでも抜けるような空に美しく太陽が輝く海の景色の爽やかさとは裏腹に、こんな孤島から逃れることは無理だという絶望を感じずにはいられない。さらに待ち受けていたのは、過酷を極める強制労働の数々。劣悪な衣食住に加えて、ワニやら病気やらあらゆる危険に無防備で臨む強制労働はむごたらしく、就寝時には足を鎖でつながれるなど非人道的だ。ここから一刻も早く逃れなければ、劣悪な環境で死ぬか、強制労働に耐えられず死ぬか、精神が崩壊して死ぬか。おとなしく何年も何年もただただ耐え忍び、刑期を勤め上げるという道もないではないが、パピヨンにはそんな考えは毛頭なく、脱獄を繰り返していく。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 8日
  5. 『パピヨン』(1973年) 監督:フランクリン・J・シャフナー 出演:スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン 第53回