シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伝説の日本人ヒーロー役に感動!尾崎英二郎がハリウッドで戦い続けるワケ(1/3)

伝説の日本人ヒーロー役に感動!尾崎英二郎がハリウッドで戦い続けるワケ
尾崎が演じた日本人の勇士マサオ・クメ アップ多し! - (C) 2014 Little Boy Production, LLC. All rights Reserved.

 現在、上映中の映画『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』で、主人公ペッパーに大きな影響を与える日本人の勇士マサオ・クメ役で出演している日本人俳優、尾崎英二郎。映画『ラスト サムライ』(2003)や『硫黄島からの手紙』(2006)、人気海外ドラマ「HEROES/ヒーローズ」(2006~2010)や「エージェント・オブ・シールド」(2013~)などに出演し、2007年から米ロサンゼルスを拠点に活躍している。映画のプロモーションのために8月下旬に来日を果たした尾崎が、8月27日の初日にヒューマントラストシネマ有楽町で舞台挨拶を行い、大きな拍手で迎えられた舞台挨拶の興奮も冷めやらぬまま、直後に行われたインタビューで作品についての熱い思いを語った。

尾崎英二郎
来日した尾崎英二郎

原爆を題材にしながらファミリーで観られる意欲作

 今作が日本公開となり、来日が実現したことを、尾崎はこれまで以上に特別な思いで受け止めているという。それは映画の内容にも大きく関係しているだろう。舞台は第二次世界大戦下のアメリカの小さな漁村。小柄で“リトル・ボーイ”と呼ばれる少年ペッパーが、戦地に出征した父親を帰還させるために、願いが叶うというリストの項目を実践していく物語は、ファンタジーであり、感動の人間ドラマであると同時に、当時の日系人が受けた人種差別や戦争はもちろん、原爆(リトルボーイは原爆のニックネームである)についても描いているからだ。

 「こういう脚本は大変珍しいです。監督のアレハンドロ・モンテベルデは僕より8歳年下(1977年生まれ)で、脚本家も若い。そういう若い世代が難しい題材に挑み、セットや美術の鮮やかな色使いに、主人公は少年という映画のルックで、入り口は広くとりつつ、子供から大人まで幅広くファミリーで楽しめる作品に仕上げてくれました。少年の目を通して描いているということ、監督も脚本家もメキシコ出身というのもあると思うのですが、非常にバランスがよく第三者の視点で描くことに成功しています。作るのも配給することも、特にアメリカでは勇気がいることだったと思う。よくやってくれたなという思いでいっぱいです」

 映画の概要だけ見ると、過敏に反応してしまう人もいるかもしれない。だが、尾崎が語るように本作を観れば、いかにどちらか一方の視点に寄ることなく、戦争の理不尽さを描き切っているかがわかるはずだ。もとより、本作が伝える最大のメッセージは、「信じる勇気を持つこと」という普遍的なもの。これは、くしくも尾崎がハリウッドを目指した自らの体験をつづった著書「思いを現実にする力」(2014年)で、尾崎が伝えていることと不思議なほどリンクする。まず最初にもらった脚本の4ページに惚れ込み、トム・ウィルキンソンやエミリー・ワトソンといった大物俳優の出演も決まっていない段階で、尾崎が「絶対にこれはやりたい、やれると信じた」と語るのもうなずける。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 伝説の日本人ヒーロー役に感動!尾崎英二郎がハリウッドで戦い続けるワケ