シネマトゥデイ

『西遊記』特集:とんでもねーっ!『西遊記』

誰でも知っている伝奇活劇「西遊記」には、あまり知られていない前日譚(たん)があった! 『少林サッカー』チャウ・シンチーが、そんな未知の世界に切り込んで、中国でナンバーワンヒットを記録した冒険アクション。とんでもないアドベンチャーが、ここに幕を開ける!

とんでもねーっ!はじまりのはじまり、のはじまり……
チェック1:チャウ・シンチーってどんな人?
『西遊記』

俳優のみならず、監督、脚本家、プロデューサーとして活躍するチャウ・シンチー。1990年代にコメディーの分野で頭角を現わした彼は、『少林サッカー』で世界注視のヒットメーカーとなり、以後も『カンフーハッスル』『ミラクル7号』など、観る者の想像を軽々と超える破格のエンタメ作品を連打。あり得ない物語を生み出す才人なのだ!

チェック2:そもそも「西遊記」って?
『西遊記』

7世紀に唐の高僧・玄奘がインドへと取経の旅を敢行。「西遊記」はこの史実を伝奇風にアレンジして語り継がれてきた。日本では、三蔵法師(=玄奘)が孫悟空、沙悟浄、猪八戒というお供を従えて天竺(=インド)を目指す物語としてなじみ深い。今回の映画では、玄奘が三蔵法師になる前の物語をフィーチャー! 玄奘が、妖怪として悪さをしている後の従者3人とバトルを繰り広げるとんでもねーっ! 展開に。

チェック3:あの鳥山明も絶賛ってホント!?
『西遊記』

「西遊記」をモチーフにした作品にはいろいろあるが、漫画の分野では「ドラゴンボール」があまりに有名。その作者、鳥山明が映画『西遊記』を大絶賛! 「予想と常識の壁をはるかに超えてみせる銀河系最強のおもしろさ!! 久々に完璧な娯楽映画を観た!」と太鼓判を押す。怪物もバトルも「ドラゴンボール」以上のスケールで仰天必至!

とんでもねーっ!最強!?美女妖怪ハンター現る!
とんでもなく、強い!!
『西遊記』

段は、カンフーで妖怪をボコボコにして消滅させることができる武闘派の美人妖怪ハンター。武器は「無限空中リング」という黄金のブレスレットで、これに触れた魔物は次々と消滅。複数の敵を相手にする際は、リングを複数に分裂させて瞬時に全てをせん滅してしまう。妖怪ハンターを名乗る者は多いが、彼女こそ最強の、そして真のハンターだ!

とんでもなく、美しい!!!
『西遊記』

男勝りの戦闘スキルだけが、段の武器ではない。モンスターさえも魅了する美貌も彼女の強み。魔物をおびき出すために月光の下で華麗に、妖艶にダンスをすれば、難敵のブタの怪物もまんまと姿を現わす。女性らしい「しな」の作り方も手下から教わっており、色香の点にも抜かりはない。観客も見とれてしまうこと必至!

とんでもなく、気が強い! けどカワイイ……
『西遊記』

ライバルに対して負けん気が強いが、実力を伴っているのだから、当然といえば当然。しかしほれた玄奘にはトコトン尽くそうとする。彼が無謀な怪物退治に赴くと、こっそり後を付けてサポート。気の強さゆえに時にツンデレと化してしまうこともあるが、そこがまたかわいらしくてキュン! 「女が目を閉じたら、キスをするものよ」というセリフも彼女になら言われたい!?

とんでもねー!!6キャラキャンペーン

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』の公開を記念して、6サイト合同の「とんでもねー!!6キャラキャンペーン」が、はじまりはじまり~! 気になるキャラクターはそれぞれのサイトでチェックしよう。

孫悟空(山寺宏一):AOL News
段(貫地谷しほり):シネマトゥデイ
沙悟浄:クランクイン!
玄奘(斎藤工):映画コム
猪八戒:オリコンスタイル
空虚王子(神谷浩史):ぴあ映画生活

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』オフィシャルサイト>>

作品情報はコチラ>>

©2013 Bingo Movie Development Limited

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク