シネマトゥデイスタッフが選ぶ【元気が出る映画!】

 シネマトゥデイスタッフが個人的に選んだ元気になれる映画を紹介します! 落ち込んだとき、元気を出したいとき、よろしければお試しください。

『素晴らしき哉、人生!』

映画『素晴らしき哉、人生!』より

夢をあきらめ周りの人のために人生を捧げてきた男が、悪人に陥れられ絶望の淵に立ちます。この映画がすばらしいのはファンタジー要素の絶妙さと心情へのダイレクトな訴えかけ。ラスト10分、きっと元気をもらえます!(編集長・下村麻美)

配信先:YouTubeGoogle Play MoviesAmazon Prime VideodTVApple iTunesビデオマーケットU-NEXTなど

[PR]

『キューティ・ブロンド』

MGM / Photofest / ゲッティ イメージズ

一見無理に思えることでも、不屈の精神で突き進むヒロインの姿に勇気をもらえます。リース・ウィザースプーンふんするヒロインの底抜けに明るい性格と弾ける笑顔がまぶしい、最強のガールズパワームービー!(編集部・香取亜希)

配信先:YouTubeGoogle Play MoviesビデオマーケットU-NEXT

『少林サッカー』

(C) Miramax / Photofest / Getty Images

クライマックスの試合シーンで、溜まったストレスや不安が全部吹っ飛びます。クセが強すぎるキャラクターが繰り出す、あり得ない技の連続に抱腹絶倒。笑い・驚き・感動、全てが詰まった痛快コメディーです。(編集部・倉本拓弥)

配信先:U-NEXT

『銀河ヒッチハイク・ガイド』

Touchstone Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

冒頭から地球を爆破されながらも、英国人の得意技「列に並ぶ」などを駆使して宇宙を愉快に旅していく主人公の謎の適応力の高さ、あっぱれ! 繰り返されるイルカソングでハイになれる。小説版も最高に笑えてオススメ。(編集部・市川遥)

配信先:U-NEXTAmazon Prime Videoディズニーデラックスなど

[PR]

『ギルバート・グレイプ』

Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

つらい現実に直面し、閉塞感のある日常に飽き飽きしたとしても、世界は変わらず美しく、いつかきっと、現実を乗り越えて、いい方向に変わる日が来ることを思い出させてくれる。(編集部・入倉功一)

配信先:U-NEXTなど

『シング・ストリート 未来へのうた』

The Weinstein Company/Photofest

14歳の少年が、一目惚れした女の子の気を引くため、バンドを始める音楽青春映画。主人公が未来に向かって真っすぐ突き進む姿は、何度観ても元気がもらえる! ヒロインの「何でもハンパはダメ」というセリフが好き。(編集部・中山雄一朗)

配信先:dTVU-NEXTAmazon Prime Videoビデオマーケットなど

『家族ゲーム』

森田芳光監督(2011年撮影)

いじめられっ子で屈折した中学生・茂之(宮川一朗太)と風変わりな家庭教師・吉本(松田優作)を軸に描くホームコメディー。スパルタ指導で少年を公私ともに鍛え上げていく家庭教師のひょうひょうとしたキャラクターが痛快。(編集部・石井百合子)

配信先: YouTubeGoogle Play MoviesAmazon Prime VideoビデオマーケットU-NEXTなど

[PR]

『ルディ/涙のウイニング・ラン』

TriStar Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

どんなにくじけても、夢に向かって諦めない主人公(ショーン・アスティン)の一途な思いが、心を奮い立たせてくれる。観終わったあと、体の底からエネルギーが湧いてきて、さわやかな風が心に吹くはず。(編集部・梅山富美子)

配信先:YouTubeGoogle Play MoviesNetflixAmazon Prime Videoなど

※配信先情報は4月18日時点

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]