シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

低迷の連休ウイークエンドは『ファイナル・デッドサーキット 3D』が再び第1位!-9月9日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

低迷の連休ウイークエンドは『ファイナル・デッドサーキット 3D』が再び第1位!-9月9日版
「2週連続なんて……」「開いた口がふさがらないわ……」(映画『ファイナル・デッドサーキット 3D』より) - (C) MMV New Line Productions,Inc. All Rights Reserved.

 過去10年間のレイバー・デイ(労働者の日)連休において、映画を観に行った人々が一番少なかったという統計が発表された9月4日から7日の4日間のウイークエンドだったが、それでも1,530万ドル(約15億3,000万円)をたたき出して2週連続チャート第1位となったのは、映画『ファイナル・デッドサーキット 3D』だった。(1ドル100円計算)

 依然として興行収入の記録を伸ばし続けているこのショック・ホラー作品は、封切後11日間で5,040万ドル(約50億4,000万円)のトータル興行成績を上げており、すでに過去のシリーズを超えるヒットとなっている。

 今週の第2位は、こちらも先週に続いて同順位をキープした、映画『イングロリアス・バスターズ』で1,495万ドル(約14億9,500万円)の売り上げ。先週と比べてたったの22.6パーセントという落下率で、すでに映画を観たファンからの好意的な口コミが功を奏しているようだ。関係者たちは、これからのロングランを期待している。

 第3位はサンドラ・ブロック、ブラッドリー・クーパー共演の映画『オール・アバウト・スティーヴ』(原題)。サンドラといえば、ついこの間、映画『あなたは私の婿になる』で大ヒットを飛ばしたところ。『オール・アバウト・スティーヴ』は、『あなたは私の婿になる』に比べるといささか地味な感があり、加えて、「柳の下にドジョウは2匹いない……」などとシニカルな予想をしていた映画評論家も少なくなかったところから、苦戦が予想されていたものの、1,410万ドル(約14億1,000万円)という成績を上げて、堂々のトップ3デビューを飾った。サンドラの人気再燃もさることながら、この夏の映画『ザ・ハングオーヴァー』(原題)の大ヒットで注目を集めているブラッドリーの出演も大きく貢献しているといえよう。

 続いて第4位は、男くささムンムンのアクション映画『ゲイマー』(原題)。、初登場で、新アクション・ヒーローとして台頭してきているジェラルド・バトラーが主演なのにもかかわらず、意外にもサンドラのラブコメに負けてしまい、2,502映画館、2,700スクリーンという大型公開だったのに、1,120万ドル(約11億2,000万円)の売り上げという残念な結果に終わった。

 トップ5の最後を飾るのは先週からワンランクダウンだが、落下率はたったの11.3パーセントで、驚くべきスタミナを見せている映画『ディストリクト9』(原題)。この夏、驚きの大ヒットになった『ザ・ハングオーヴァー』(原題)に続く、殊勲賞に値する作品である。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 11日
  5. 低迷の連休ウイークエンドは『ファイナル・デッドサーキット 3D』が再び第1位!-9月9日版